鷗州塾ウェブサイトは移動しました

山口

  • 徳山高校

    18goukaku1533580549.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1533580549.jpg

    徳山高校

    僕は小6の時に入塾しました。入塾したばかりのころの自分は、勉強する習慣が身についておらず、なかなか集中することができませんでした。しかし、先生方からの励ましや、仲間の一生懸命に問題に取り組む姿勢から、僕も頑張ろうという気持ちになりました。 そんな僕が、勉強により力を入れるきっかけとなった出来事があります。定期テストでライバルに負けてしまったのです。その時の悔しさは、今でも鮮明に覚えています。また、模試の結果も、僕にとって大きな刺激になりました。このように誰にも負けたくないという負けず嫌いの精神を持って取り組めたことが、合格につながったのだと思います。しかし、良い結果が出ないとやはり落ち込みます。自分の行きたい高校にいけないのではないかと、不安がよぎったことが何度もありました。そんな時、支えてくれたのが、塾の先生や共に頑張る仲間たち、そして家族でした。その支えのおかげで最後まであきらめず、頑張ることができました。僕は将来、薬剤師になりたいと思っています。だから、これから一生懸命勉強し、その夢を実現することで、これまで支えてくれた方々に恩返しをしたいです。鷗州塾に入って本当に良かったと思います。鷗州塾最高!!

  • 宇部高校

    18goukaku1633732827.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1633732827.jpg

    宇部高校

    私が入塾したのは、中1になる時でした。中学に入れば勉強もより難しくなるので、塾に通ってもついていけるか不安でした。実際に、学校と塾で、授業のスピードが全然違っていて、最初は戸惑いました。しかし、塾の先生方は学校でも分からなかったところを分かるまで教えてくれたり、応援してくれたので、私も頑張ることができました。 しかし、部活動が始まると、だんだんと勉強に力を入れることが難しくなっていきました。塾内模試や定期テストでも、苦手教科と得意教科の差がはっきりと出てくるようになりました。その時は、勉強が本当に嫌になって、あきらめそうになりましたが、先生が優しくアドバイスをしてくれたので、私のモチベーションも上がって、頑張り切ることができました。今思えば、この時あきめず、頑張り続けたことが、このような結果となって表れたのだと思います。 中3になって「大的中ゼミ」にも参加しました。テキストの問題は、入試レベルに合わせてあるのでとても難しかったですが、解き直しをしていくうちに解ける問題が多くなっていき、自信もつきました。 入試当日は緊張しましたが、先生方が励ましてくれ心強かったです。合格発表された時も、塾に入って良かったと思ったし、先生方へ感謝し、これからも頑張ろうという気持ちになりました。受験合格は終わりでなくスタートなので、これからも頑張ります。

  • 下関南高校

    18goukaku1433253947.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1433253947.jpg

    下関南高校

    私は小5の時に入塾しました。私は私立の中学校に進学したため、学校と塾の授業内容が違い、特に英語は苦戦しました。周りの人たちはすごいスピードで問題を解いていくのに、自分はそれについていけるか不安でした。しかし、先生はしっかりと私のことを考え、相談に乗ってくれました。私が勉強に本気になったのは、中3の冬休みでした。冬休みに受けた模試でショックを受け、それからは毎日塾に通い自習室を利用しました。私は質問することが苦手なため、他の生徒より質問回数は少なかったと思います。けれど、大晦日やお正月の講座で使用したテキストを使って、答えを暗記するまで何度も繰り返し勉強をしました。学校が始まってからも、帰りには塾の自習室に行って勉強することを日課としました。それでも、リハーサルテストでもボーダーラインを超えることができずに不安になりました。その不安を払拭できるように勉強をしました。私は入試直前まで、うまく実力を発揮することが難しかったけれど、塾の先生や仲間に支えられ、また両親の協力のおかげで、新たな一歩を踏み出すことができました。不安だからと何もしなければ何も変わりません。皆さんも最後まであきらめずに勉強することを続けてください。塾に入って本当に良かったと思います。

  • 岩国高校

    18goukaku1733774250.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1733774250.jpg

    岩国高校

    私は中1の時、テストでいつも低い点を取っていました。その時、ある友達から「鷗州塾に入ってみないか」と誘われました。これが私が鷗州塾に入ったきっかけです。私は中2の4月に入塾しました。入塾してたくさんの不安がありました。まずは中1の時の勉強ができていないという不安がありましたが、そんな時、Web講座というものに出会いました。時間がある時に、1つ1つゆっくり詳しく見ていきました。すると、少しずつですが、中1の内容を理解することができるようになりました。そして、だんだん中2の勉強が楽しくなりました。そして、中3を迎え、勉強する内容が増えていき、頭がこんがらがりそうでした。しかし、「大的中ゼミ」の内容の復習を、しっかりやることで、苦手な単元も克服することができました。赤ペンで間違えた問題に色をつけ、2回目にやる時は、そこだけやるという方法を徹底しました。このやり方にしてから、効率的に勉強できるようになったと実感できました。私は鷗州塾に入って本当に良かったと思っています。先生方はいつも優しく分からないところを教えてくれました。私自身、模試の結果があまり良くなかったですが、先生方はマイナスな発言をするのではなく、いつもポジティブに声かけをしてくださいました。合格を手に入れた時は本当にうれしかったです!先生、本当にありがとうございました!

  • 下関西高校

    18goukaku1733728212.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1733728212.jpg

    下関西高校

    私は中2の秋に鷗州塾に入塾しました。そのころ、中3生が引退して部活が忙しくなり、また学校と塾の授業のスピードの違いがあったため、塾で寝てしまう時がありました。そのことを先生が注意してくださったことが、勉強を始めるきっかけになりました。 中3になった時には、まだ受験生としての自覚はありませんでした。塾内模試では志望校判定がDやCが続き、何度も受験校を変えようとしました。しかし、塾の“猛特訓”会などに参加することで、少しずつ成績が伸びてきたので、下関西高校に挑もうと思いました。塾の教材を使用する時に大切なことは、何度も解き直しをすることです。これによって英文法を完璧にすることができたと思います。 9月ごろ、友達と遊ぶことをやめ、受験勉強を本格的に始めました。11月からはほぼ毎日塾の自習室に通ったので、成績が伸びました。勉強をすることがきつくなった時期もありましたが、家族や友達から励ましてもらうことで元気になりました。 入試前日はとても緊張していましたが、塾の先生からの電話で気持ちを楽にすることができ、これが合格した1つの理由だと思います。高校受験は通過点で、これからが大事だと先生方がおっしゃっていたので、頑張ろうと思います。鷗州塾に入って本当に良かったです。ありがとうございました。

  • 防府高校

    18goukaku1633791665.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1633791665.jpg

    防府高校

    中3になり、受験生としての一番最初の習熟度テストは衝撃の150点でした。その当時は、まったく危機感を抱くことなく、ただ、忙しい部活をこなすことに精いっぱいでした。私が気持ちを入れ替えて勉強に力を入れ始めたのは、夏休みが終わり、9月に入ってからです。今まで、ほとんどペンを握って机についたことがなかったので、自宅では集中して勉強に取り組むことができませんでした。後輩の皆さんも、そんな経験はあるのではないでしょうか。そんな時にとても役に立ったのは、塾の自習室です。私は、その日から、毎日自習室に通いました。今まで、誰よりも勉強しなかった私なので、平日は5時間、休日は10時間は机について勉強をしました。しかし、成績はそう簡単に伸びてはくれません。毎日毎日やっても結果が思うようにはいかないので、途中で投げ出しそうにもなりましたが、先生がおっしゃっていた「続けることが大切」という言葉を信じて、最後まで、自分を追いつめることができました。すると、入試本番までに、一番苦手であった英語で8割を取れるようになりました。それは本番5日前くらいのことです。私が後輩に伝えたいのは、最後までやり通すことが大切だということです。そうすると絶対に報われます。先生を信じて、自分を信じて頑張ってください。あと、自習室は効果的に活用しましょう。

  • 岩国高校

    18goukaku1833695897.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1833695897.jpg

    岩国高校

    私は中3になってから入塾しました。入った時には塾の授業と学校の授業のスピードが違い、なかなかついていくことができませんでした。私は普通科の高校に進学したいと思っていましたが、模試や定期テストでも思うように点が取れず、志望校に合格できないのではないかという不安がありました。私は部活動と勉強の両立が苦手で、勉強がおろそかになっていたことが多々ありました。しかし、部活動を引退してからは、毎日塾に通うようにし、先生方に相談したり、周囲の友達の頑張っている姿を見たりして、自分のやる気を出すようにしました。「大的中ゼミ」やお正月の特訓会などの教材を使い、何度も繰り返して勉強しました。1回目の時には丸の数が少なくても、2回3回とやっていくうちに丸の数が増えていったので、やりがいを感じることができました。しかし、最後の模試でも思うような結果が出ず、入試直前まで不安でいっぱいでした。それでも入試本番の日には、先生方が励ましに来てくださったので、心強かったです。入試本番の点数も予想以上に良く、とてもうれしかったです。塾の先生方や両親に感謝し、これからの高校生活を送っていきたいと思います。今まで本当にありがとうございました!!

  • 徳山工業高等専門学校

    18goukaku1833631207.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1833631207.jpg

    徳山工業高等専門学校

    僕は小6の時に入塾しました。「塾って何かカッコイイな」と思ったのがきっかけです。しかし、中3になるまでは、ただ塾に来て、プリントをやったり授業を聞いたりして、帰ったらゲームばかりしていました。だから、僕は中3になった時に中1・中2の暗記科目の内容を、まったく覚えていませんでした。中3になると、どの教科も中1・中2の内容を踏まえてやるので、とても困りました。僕は志望校を中3の秋ごろに決めました。国立入試の勉強は、公立入試の勉強より難しく、どの分野が出るのか分からないため大変でした。しかも最初にお伝えした通り、中1・中2の内容をまったく覚えていなかったので、時間がまったく足りませんでした。入試本番150日前くらいから本気で勉強し始めましたが、本当に足りませんでした。足りないので平日は6時間、休日は10時間くらい勉強していました。効率良く勉強しましたが、本当に足りず、入試直前の休日も、15時間くらい勉強しました。やはり時間がないことは、不安につながります。入試前日にも、「中1・中2の時にやっておけば良かった」と後悔しました。もし不合格だったら一生後悔していたと思うので、皆さんはこのようなことにならないようにして、入試当日を迎えてください。そのためにも、実感はわかないかもしれませんが、早いうちから勉強して、最後まであきらめず頑張ってください!!すべての受験生を僕は応援しています!!

  • 岩国総合高校

    18goukaku1833631212.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1833631212.jpg

    岩国総合高校

    私は、中2の4月に入塾しました。中1のころは、勉強が苦手で特に数学がまったくできなくて、50点以上を取ったことがありませんでした。しかし、勉強があまりできなかった自分が、塾の授業を聞くことで、少しずつ理解できるようになり、テストでも点数を上げることができるようになってきました。テスト週間には、塾の自習室を利用していました。家で勉強していると、テレビなど誘惑するものがたくさんあり、集中できないこともあったのですが、自習室ではその心配がありませんでした。むしろ分からないところがあれば、先生に聞くことができるので、とても集中して勉強することができました。中3からは個別ゼミで、数学を集中的に勉強していき、また、9月から始まった「大的中ゼミ」の復習も徹底して行いました。「大的中ゼミ」の問題や過去問などは、初めは難しいと思っていましたが、先生方のサポートのおかげで、苦手意識がなくなっていきました。入試直前まで、先生方に分からないところを教えてもらい、苦手をなくしたおかげで、本番で良い点を取れ、合格できたのだと思います。忙しい中、親身になって教えてくださった先生方、本当に大好きです。鷗州塾に入って本当に良かったです!本当にありがとうございました。

  • 徳山高校

    18goukaku1833920317.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1833920317.jpg

    徳山高校

    私は中3の4月に入塾しました。学校と比べて授業のスピードがはるかに速く、入った時は不安でしたが、先生方が分かりやすい授業をしてくださったおかげで、何とかついていくことができました。 入塾後初めての塾内模試では思うような成績が取れず、「上には上がいる」ことを強く実感しました。また、部活と勉強の両立はとても難しく、その後の塾内模試でもなかなか結果が出せず何度も挫折しかけました。けれども、成績表返却の時に、先生方が的確なアドバイスをたくさんしてくださり、1月の塾内模試では自分が納得いく結果が出せるようになりました。 夏休みから、いろいろな特訓会や「大的中ゼミ」が始まりました。「大的中ゼミ」ではどの教科も内容がとても難しくて大変でしたが、その分、問題が解けたときの達成感を味わうことができました。大晦日は「理社記述特訓会」がありましたが、私は記述がとても苦手で、テストでも何問か落としていたのですが、ここで入試に出そうな問題を何回も繰り返し解くことで自信につながりました。 入試当日は、今まで塾でたくさん問題を解いたおかげで、まったく緊張せずリラックスして入試に臨むことができました。そして、合格できてとてもうれしかったです。鷗州塾に入塾して本当に良かったです。

  • 徳山高校

    18goukaku1333130597.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1333130597.jpg

    徳山高校

    「自分を信じなさい」これは公立入試直前に、塾の先生がかけてくださった最後の言葉です。 中3の春、私は明確に志望校が決まっていないまま受験生になりました。2人の兄は、中高一貫校に通っていたので、我が家では、私の受験が初めての高校受験でした。私は一言で言えば「精神的に弱い」です。自分に自信を持つことができず、1つでもできない問題があるとすぐに「受からないかも」と思ってしまうほどネガティブな性格です。中1・中2の時は、塾内模試は安定して上位を保つことができましたが、中3になるといつもそうなるとは限りませんでした。そんな時、支えてくれたのは塾の先生、友達、そして家族でした。塾のクラスはみんな明るく優しく、お互いに刺激を受け合い切磋琢磨しながら勉強することができました。塾の先生方は、何度も私の相談に乗ってくださいました。「毎日鏡の中の自分に『できる!』と言いなさい」という、先生の言葉は、私にとって大きな力になりました。母はいつも、おいしいご飯を作ってくれ、時に優しく、時に厳しく私の生活を支えてくれました。受験は個人戦ではなく団体戦だと痛感しました。 最後の最後まで、たくさんの人に心配をかけてしまいましたが、無事、第一志望校に合格でき、本当に良かったです。私を支えてくれた周りのみんなに感謝して、これからも、自分の夢に向けて頑張りたいと思います。

  • 徳山高校

    18goukaku1633718026.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1633718026.jpg

    徳山高校

    私は中1の時に入塾しました。私は将来の夢が早くに決まっており、その夢に向けて最初は徳山高校「理数科」を目指していましたが、夢が変わり徳山高校「普通科」を目指すようになりました。中3最後の部活は激しさが増し、勉強との両立がとても難しかったです。個別ゼミも始めて、苦手だった理科ができるようになり、自信を持てるようになったのですが、中3の後半になって数学の点数が思うように取れなくなり、不安が募りました。不安になったときは、塾のテキストを使って復習したので、何をすれば良いのかを迷うことなく仕上げることができました。それでも不安がぬぐえなかった時もありましたが、塾の先生方が声をかけてくださったことで安心を覚えました。 入試本番はとても緊張しましたが、周りが同じ学校の人たちだったので、落ち着くことができました。学校指定教科検査の数学ではコンパスを忘れて焦りましたが、他の教科は落ち着いてでき、良かったと思いました。自己採点してみると、数学があまり良くなくて不安でした。発表の時、自分の番号を見つけた時は、うれしさとホッとした気持ちでいっぱいでした。 高校では、与えられた課題以外にも自分で計画して予習・復習をきちんとしていきます。そして、毎日時間を決めて勉強し、部活と両立できるよう頑張っていこうと思います。先生方、ありがとうございました。

  • 徳山商工高校

    18goukaku1733742966.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1733742966.jpg

    徳山商工高校

    私は中2の時に入塾しました。その時は集団授業を受けていました。塾の授業が分かりやすかったので、そのあと学校で同じ内容を習った時、学校の授業がとても分かりやすかったです。 私はあまり自分から質問をするほうではなかったので、集団授業で受験勉強についていけるか不安になり、中3から個別ゼミに変えました。最初は分からないところだらけだったけれど、先生は私が分かっていなさそうなところを、基礎から説明してくださいました。英語では、大の苦手だった長文読解が大の得意になりました。 夏休みは、個別ゼミはもちろん「重要単元“徹底攻略”講座」を受講しました。重要な単元の基礎から説明があり、問題を解くことに楽しさを覚えました。特に数学はすごく解けるようになりました。また、理科や社会の暗記も夏休みに頑張り、学力診断テストはどんどん点数が伸びていきました。 私は推薦入試を受けることになり、冬休みからは、塾の先生が面接の練習を授業終わりにしてくださいました。苦手だった面接が好きになり、本番でもハキハキと受け答えをすることができました。先生方がたくさんの面でサポートをしてくださり、無事推薦で合格することができました。新中3の皆さん!!受験勉強を始める前からもうダメだ…とあきらめないでください!!勉強をしていくうちに、勉強ができるようになります!!

  • 徳山高校

    18goukaku1633633996.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1633633996.jpg

    徳山高校

    私は中1の夏休みに入塾しました。初めは、知らない人の中で授業を受けるのは、とても緊張しましたが、先生方が優しく声をかけてくださいました。そのおかげで勉強にも集中して取り組むことができました。テスト週間には勉強会があり、分からないところも理解することができ、テストの点数もどんどん上がっていきました。中3になると徳山校の個別ゼミで、数学を習うようになりました。解らないところはすぐに先生に聞くことができ、充実していました。家から塾までが遠く、定期テスト勉強会にもなかなか参加できず不安でしたが、その分授業でしっかり教えてくださいました。9月からは「大的中ゼミ」にも通い始めました。初めは分からない問題がたくさんありましたが、1つ1つ解説をしてくださり、次に似たような問題が出た時には完璧に答えることができました。苦手だった社会も、いろいろな問題を解くことで少しずつ克服することができました。「大的中ゼミ」のテキストを何回も解くことで、入試対策ができ、自信を持つことができました。入試当日は、とても緊張していましたが先生方が励ましてくださり心強かったです。結果には自信がありませんでしたが、自分の受験番号があった時には本当に安心しました。そして塾の先生方を信じて勉強してきて良かったと思いました。鷗州塾に入って良かったです!!たくさんのことを教えてくださった先生方、本当にありがとうございました。

  • 光丘高校

    18goukaku1633634303.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1633634303.jpg

    光丘高校

    私は、中1の5月ごろに入塾しました。塾の授業は、学校の授業よりも速く、最初は、ついていけるかどうか不安でした。でも先生方がサポートしてくださったり、アドバイスをくださったりして、頑張ることができました。 しかし、中3の夏までは部活もあったので、勉強だけに集中することができませんでした。だから私のテストの点は上がったり下がったりの繰り返しでした。 中3の夏に部活を引退しました。でも私は、夏休みは部活がないから、いつでも遊べると思ってしまい、勉強する時間よりは遊ぶ時間のほうが多かったように感じました。その結果が9月の習熟度テストに出ました。私はそのテストで最低点を取ってしまいました。私はその日から、勉強に気持ちを切り替えました。でも、すぐに結果は出ず、10月・11月の習熟度テストも、あまり納得いく点数が取れませんでした。1月の習熟度テストで自分の納得いく点数が取れましたが、不安は消えませんでした。 入試当日は、緊張しましたが、自分のやってきたことを、すべて出し切りました。合格発表の時、自分の番号を見つけた時は、うれしさと達成感が感じられました。 中3の9月からですが、一生懸命勉強したから合格できたのだと思いました。それと、先生方が支えてくれたおかげでもあります。先生方、ありがとうございました。

  • 徳山高校

    18goukaku1833934718.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1833934718.jpg

    徳山高校

    私は中3の夏休みに入塾しました。それまで私は成績を思うように伸ばせていませんでした。「“猛特訓”会」で、なかなか学校では体験できないようなハイレベルな勉強を、優秀な同級生とすることができました。先生方のサポートやアドバイスで、具体的な勉強の目標もでき、成績もとても上がりました。 塾の宿題の1つ1つが入試対策になっていたと思います。とても難しく、量が多かったですが、解いていくうちにだんだん速く解けるようになり、苦手だった問題が得意になっていきました。学校の実力テストや模試でも、その成果が表れて、苦手教科がなくなっていく手応えをしっかりと感じることができました。 私は受験を意識したのが他の人より遅く、今からやっても間に合うだろうかと不安になりました。だから、自分のベストを尽くせるように、勉強時間をそれまでの倍にし、過去問から傾向を調べ、重点的に取り組むようにしました。初めは過去問も、満足がいく得点を取れませんでしたが、だんだんと点が上がっていき、応用問題もすらすら解けるようになりました。勉強を、長い時間するのはとてもつらく、何のために勉強しているのか分からなくなる時もありました。しかし、それを乗り越えた時、必ず得るものがあります。勉強をやめたい、苦しい、と思ったときは、自分が実現したい夢や目標を思い出して頑張ってください。先生方、ありがとうございました。

  • 光高校

    18goukaku1633622711.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1633622711.jpg

    光高校

    私は中1の12月末、テストの結果がすごく下がったため、入塾しました。私は中1の時から下松高校に行くということを目標としていました。しかし、桜ケ丘高校入試(併願高校)で過去に取ったことがないような悪い点を出してしまい、とてもショックでした。そして、先生や家族と話し合い、「高校を下げる」ことにしました。 それをきっかけに私は「絶対合格する」と強く思うようになり、「大的中ゼミ」のテキストを何度も解くようになりました。他にも、「重要単元“徹底攻略”講座」や“猛特訓”会、大晦日や正月の特訓など、さまざまなテキストを見直しました。 私は10月まで部活をしていたため、みんなより本格的に勉強ができる時間が少なく、とても不安でした。しかし、部活動が休みの日などは家に引きこもって勉強することが多かったです。引退したあと、11月の模試を受けました。しかし、思うような結果が出せませんでした。その時、先生に「演習が大事!!」だとアドバイスをしていただきました。だがら、言われた通り、ずっと演習していました。 合格発表の当日、自分の番号を見つけた瞬間、泣きそうなくらいうれしかったです。今こうして志望校に合格できたことで、最後まであきらめなくて本当に良かったと思います。受験勉強を始めるのにフライングなどありません。最後に、ずっと支えてきてくださった先生方、友達、本当にありがとうございました!

  • 華陵高校

    18goukaku1733743205.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1733743205.jpg

    華陵高校

    僕は中2の11月に入塾しました。塾にはとても成績が良い友達がたくさんいて、新しい環境での勉強が始まりました。最初のころは緊張と不安の気持ちがありましたが、先生たちの励ましや、友達も同じ環境で頑張っているんだという気持ちが自分の励みとなり、頑張れたのだと思います。 しかし、成績は思うように伸びませんでした。塾内模試でも成績は不安定で、どうすればいいのかとても悩みました。そんな時、先生に相談したところ、「大的中ゼミ」の教材を何度も繰り返し解くことをすすめてもらいました。苦手な問題を繰り返し解くことで、数学の公式が身につき、英語の重要単語を覚えることができました。 入試の前日は、とても不安でした。塾に受験番号を伝えに行った時、先生が「頑張れ!」と言いながら、握手をしてくれました。それが自分にとってすごくうれしくて、不安が一気に吹っ飛びました。そして無事に志望校に合格することができました。これまで経験した中でも一番うれしかったです。努力が報われるということはこういうことか!と、心から実感しました。これから新しい高校生活が始まります。塾で学んだ勉強する姿勢を忘れずに、これからも頑張っていきます。本当にありがとうございました!

  • 宇部高校

    18goukaku1633663530.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1633663530.jpg

    宇部高校

    私は中1の時に親にすすめられて入塾しました。中1・中2の時は、宿題も出された分だけをしていて、何となく過ごしていました。中3の時から、勉強を今以上にしなくては、という思いが強くなっていきました。また、塾の先生方も「今からやっておけばまだ間に合う」と話してくれました。その言葉を聞いて、コツコツと勉強を始めました。春は“猛特訓”会を二日、夏は“猛特訓”会プラス「重要単元“徹底攻略”講座」を受けました。猛特訓に関しては、8時間を四日連続で受講しました。大変だったけど、忍耐力がつき、達成感が大きかったです。 夏休みが終わったあとは、「大的中ゼミ」を受講しました。この講座のおかげで、復習プラス予備知識もつきました。毎週日曜日に4時間という長丁場だったけど、ためになりました。また、この講座のテキストは、私が自分で作っている間違い直しノートや弱点ノートにとても役に立ちました。受験の時にも持っていくほどの大活躍でした。 受験が終わったあと、私には自信しかありませんでした。それは、毎日のように塾に行き、知識を身につけ、十分に準備をしてきたからです。これは私一人ではできませんでした。家族や塾の先生の支えがあったからです。本当に感謝しています。 とても長くて、つらい時もあったけれど、今まで頑張って良かったです。ありがとうございました!!

  • 宇部高校

    18goukaku1833943870.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1833943870.jpg

    宇部高校

    私は、中3の11月に入塾しました。周りの人よりも遅く入塾したため、初めは不安なことばかりでした。ですが、「大的中ゼミ」や入試の直前講座を通して、自信や実力を身につけ、本番に臨むことができました。今回はその長い受験勉強を通じて学んだことなどを、ここに書いていきます。 まず私は、この受験で「挑戦することの大切さ」を強く実感しました。広大附属高校の受験では、高レベルな学習や大学入試につながる広い視野、大きな自信など、たくさんのことを手に入れることができました。この経験から、失敗して失うものよりも挑戦して得るもののほうが遥かに多いと気づくことができました。このように鷗州塾は、生徒一人ひとりの可能性をグンと広げてくださったと思います。 また、受験勉強を進めていく上で、いくつかの気づきがありました。まず、メモ帳を持ち歩くと良いということです。これをすることで、ちょっとした疑問やポイントを書き留めることができ、あとから役に立つことが多かったです。また余裕を持った計画作りが大切だと思いました。実行可能な範囲で、質の良い勉強を心かげていきました。 最後に、私は周りの人の支えに深く感謝しています。ノートの片隅に書いてあった先生方の励ましの言葉や受験当日の最後の言葉。いつも私たちを第一に考えてくださり、一緒に勉強を乗り越えていくことができました。まさに、この受験は「団体戦」だったように感じます。

  • 下関南高校

    18goukaku1633741025.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1633741025.jpg

    下関南高校

    私は最初のころ、塾に行かなくても余裕と思っていました。しかし、思うようにテストの点数が伸びず、中1の冬に入塾しました。鷗州塾の授業は、学校よりはるかに面白く、分かりやすかったので、成績を上げることができたと思います。 中3になると同時に、それまで頑張ってきたWINクラスからSZクラスに変更しました。塾の友達とも別れ、SZクラスについていけるかが心配でしたが、先生たちは私を励ましてくれて、とても支えになりました。 私が勉強に本気で取り組み始めたのは、中3の冬休みからです。その時は、朝5時から勉強を始め、「大的中ゼミ」のテキストを何度も繰り返し解きました。間違えたところはマルをつけ、そこを重点的に解くことで、効率良く勉強することができました。その他に、今までためこんでいた教材にも取り組みました。そのおかげで、塾内模試で納得できる点数を取ることができました。 高校入試を受けたあとは、とても不安になりました。しかし、塾で自己採点をして安心しました。発表の時はとても幸せでした。高校に行っても手を抜かずに勉強していきます。皆さんもあきらめずに勉強してください。鷗州塾の皆さん、ありがとうございました。

  • 下関西高校

    18goukaku1833698149.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1833698149.jpg

    下関西高校

    私は中3の時に入塾しました。入塾した時、下関西高校を受験する自信はありませんでしたが、塾の先生方が分かりやすい授業や面談をしてくださったおかげで、自信を持って下関西高校を受験することができました。合格発表の時は、やはり不安でしたが、自分の受験番号を見つけた時は、今までで一番うれしく思えました。受験前日まで「大晦日理社記述特訓会」のテキストと、理科・社会の『全問必答問題集』を中心に勉強をしました。理科・社会の基礎を確認できたことと、配点の高い記述問題の練習ができて、とても役立ちました。本番の入試でも、理社は5教科の中でとても良い点数を取ることができました。塾のテキストのおかげだと思います。私は英語が一番の苦手教科で、特にリスニングが他の人よりも点数が低く悩みました。その対策として、塾の空き教室で、ほぼ毎日リスニングのCDを聴きました。最初はあまりできませんでしたが、あきらめずに聴き続けていくと、ある程度分かるようになりました。苦手科目は勉強をしたくない人が多いと思いますが、あきらめずに努力すると、努力した分が必ず返ってきます。皆さんもぜひ苦手教科を勉強してみてください。先生、本当にありがとうございました。

  • 下関西高校

    18goukaku1533533245.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1533533245.jpg

    下関西高校

    僕は小6の時に入塾しました。学校と塾の授業のスピードはまったく違い、最初は塾の授業についていくのは大変だったことを覚えています。僕は、受験生の中3になってもあまり気持ちが切り替わらず、成績が落ちてしまいました。それでも夏休みからは少しずつ勉強をするようになりました。そして10月ごろに転機が訪れました。それはチャレンジ受験です。僕は初めて受験校である広大附属高校の過去問を解いた時、そのレベルの高さに驚きました。得意教科でさえ半分も正解することができませんでした。それからは全力で勉強に取り組みました。冬休みは毎日、塾の自習室で1日5時間は勉強しました。チャレンジ受験は残念な結果となりましたが、この受験はとても良い経験となりました。ただ、夜の12時以降に勉強することはおすすめしません。チャレンジ受験のあとは、いろいろな県の過去問を解きました。いろいろな県の過去問を解くことで、自分の力の確認や公立高校入試の傾向などを知ることができました。鷗州塾に入塾して本当に良かったです。高校受験の経験を生かして、次の大学受験に向けても、高1の最初から頑張りたいと思います。今まで担当してくださった先生方、本当にありがとうございました。

  • 豊浦高校

    18goukaku1633658681.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1633658681.jpg

    豊浦高校

    私は中1の時に鷗州塾に入塾しました。中1・中2の時は部活中心の生活をしていたので、家にいる時はほとんど勉強をしていませんでした。私が勉強するきっかけになったのは、中3の冬休みです。「1日7時間以上勉強する」という目標を立てて、勉強に取り組みました。特に暗記科目の社会と理科を頑張りました。「大的中ゼミ」で間違えた問題にマーカーで色をつけ、何回も解き直すことで、苦手だった科目も点数が取れるようになりました。「大的中ゼミ」は基本的な問題から発展問題まであり、高校入試の準備ができて、とても良かったです。また、毎日塾の自習室を利用して勉強することで、分からない問題をすぐに先生に聞けるので、これから勉強をする受験生の皆さん、自習室を積極的に活用することをすすめます! 私は1月の学校の学力テストで、今までで一番低い点数を取ってしまい、自分は本当に合格できるのか不安になる時がありました。しかし、どんなに勉強がつらくても、絶対にあきらめないでください。努力すればするほど合格への道が近づきます。そして合格する喜びを皆さんにも味わってもらいたいです。個性豊かな鷗州塾の先生、ありがとうございました。鷗州塾は最高です!

  • 下関南高校

    18goukaku1733658859.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1733658859.jpg

    下関南高校

    私は中2の初め(中1の3月)に入塾しました。私の学校は私立で、学校と塾の授業内容やスピードが異なり、この塾の授業についていけるか不安でいっぱいでした。しかし、クラスメイトは親切で、先生方はいつも私を励ましてくれました。 それでも部活や学校行事との両立はうまくいかず、塾内模試の点数も思い通りに伸びませんでした。今思えば、その忙しさの中でも宿題をきちんとしていたことが、下関南高校合格の道につながったのだと思います。 塾の特別選択講座「重要単元“徹底攻略”講座」「大的中ゼミ」で取り扱った英語の長文の全訳をノートに作り、間違えた問題は「間違い直しノート」に解説を書いて、何度も見直しました。 夏休みが終わると部活も終了し、勉強に集中することができました。10月の模試では良い結果が出ませんでしたが、11月の模試でやっと納得できる結果になりました。少しずつ自信がついてきましたが、不安を完全に消すことができませんでした。年が明けてからも塾の先生がおっしゃった通りに取り組み、解き直しを中心にして勉強しました。 公立高校入試当日は緊張しましたが、塾の先生が高校の校門前で励ましてくれて、心強かったです。合格を知った時は本当にうれしかったです。これまで先生方を信じてきたからこそ、思い通りの結果を得ることができたと思います。塾に入って良かったです。本当にありがとうございました。

  • 下関工科高校

    18goukaku1830623029.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1830623029.jpg

    下関工科高校

    私は中3の6月に入塾しました。公立高校に合格するために塾を探している時に、2人の友達にすすめられ、鷗州塾に決めました。 塾の勉強ペースがとても速く、続けて取り組めるか心配でした。そんな時に、塾の先生から自習室に来ることを提案され、そこで勉強をしている時に、分からないところがあれば質問をするようにしました。 塾内模試では点数が伸びずに悩んでいました。そこで、夏休みの“猛特訓”会に参加して、苦手な理科・社会を復習することで、忘れていたところを暗記することができ、塾内模試で点数を伸ばすことができました。 9月からの「大的中ゼミ」にも参加しました。とても難しい問題ばかりでしたが、公立高校入試で取り扱われる問題ばかりだったので、入試問題を解く力が身につきました。冬期講習会では普段と違う昼の時間に時間割が組まれていたので、授業後の勉強時間がたくさん取れました。 私がどこの公立高校に進学したいかについて悩んでいる時、直前まで塾の先生が相談に乗ってくれたので、とても心強かったです。そして合格できた時はすごくうれしくて、感動しました。塾の先生を信じて努力してきたことが報われ、良い結果を出すことができたと思います。皆さんにも、ぜひ、この感動を体験してもらいたいです。鷗州塾最高!

  • 下関西高校

    18goukaku1633731729.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1633731729.jpg

    下関西高校

    私は中1の時に入塾しました。部活中心の生活をしていたので、毎日勉強する習慣がほとんどありませんでした。今振り返れば、受験勉強を始める前こそ、塾で勉強する時間が本当に大切だと思います。 受験勉強を始めてからは、習っているピアノを休んだり、スマホを触らないようにしたりと、勉強に集中できるように工夫しました。そのおかげで、最初は嫌だった勉強が、あまり嫌と感じなくなり、当たり前に毎日勉強できるようになりました。 特に「大的中ゼミ」は受講して良かったです。本番と同じ難易度の問題を解いて、間違えたところをやり直すことで、難しい問題への抵抗がなくなり、だんだん入試問題が解けるようになりました。 部活動が11月まであり、周りが受験勉強を本格的に始めているのを知って、ものすごく焦りました。それまで一生懸命勉強していなかった結果が、塾内模試の結果に出ていたので、それを機に毎日塾の自習室に通うようになりました。 入試当日は自分以外の人が全員、頭の良い天才に見えて怖くなりましたが、これまで取り組んできたことと、たくさんの人からの応援を思い出して、自信を持って高校入試を受けることができました。合格発表で自分の受験番号があった時、本当に本当にうれしかったです。 やっとスタート地点に立てたので、これからも頑張ります。今まで支えてくださった塾の先生方、お母さん、ありがとうございました。

  • 下関南高校

    18goukaku1633731671.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1633731671.jpg

    下関南高校

    兄が鷗州塾に通っていたのと、家から近かったので、中1の時に入塾しました。 8時間の“猛特訓”会に参加する前、初めは8時間も集中して勉強できるかどうか不安でしたが、“猛特訓”会が終わってみると、アッと言う間でした。この“猛特訓”会で長時間集中できることが分かりました。 夏休み明けの学校の学力テストで思うように点数が取れなかったので、志望校を変えるかどうか悩んだ時期がありました。しかし、先生方の励ましのおかげで志望校を変えずに頑張ることができました。学力テストでは、あまり良い結果は出ませんでしたが、塾内模試では点数が取れたので自信になりました。中3の11月まで部活(陸上部)があったので、冬休み前後から受験勉強に切り替えました。社会と理科が苦手で、学校の実力テストで点数が伸びなかったので、「大的中ゼミ」の解き直しや塾のテキストに専念しました。 入試前の最後の1か月は毎日塾に通い、自習をして仲間の頑張る姿を見て、自分ももっと頑張ろうと思いました。先生方も毎日、遅くまで残っていただき、とても感謝しています。これからはもっと勉強が大変になると思いますが、受験勉強で頑張り抜いた自信を忘れずに、これからも頑張っていきます。

  • 豊浦高校

    18goukaku1533549470.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1533549470.jpg

    豊浦高校

    私は小6の春から入塾しました。学校では習わない解き方や応用問題など、学校とは違う少しレベルの高い勉強を、塾でしました。難しい問題でも、優しい先生方が教えてくださったので、きちんと理解することができました。 中学生になると、ますます勉強が難しくなる上、高校入試に向けての勉強量も、塾に通う回数も増えていきました。周りの同級生たちも、高校入試を意識し始め、気持ちが焦ってきました。しかし、塾の講座「重要単元“徹底攻略”講座」「“猛特訓”会」「大的中ゼミ」「正月特訓」などで入試レベルの問題を解くことで、不安がなくなっていきました。塾で取り扱う問題の中には応用問題があり、解けないこともありましたが、先生方が分かりやすく丁寧に教えてくださったので、困難を克服することができました。これらの講座を受けたことで、苦手な記述問題が解けるようになったので、高校入試に役に立ちました。だから、塾の教材を使って家で復習することは、とても大切だと思います。 私は推薦入試で合格しましたが、通塾した4年間で成績が上がったのは鷗州塾、そして私を支えてくれた先生方のおかげだと思います!高校生になっても、勉強に励み、そして良き鷗州生になれるように頑張ります。鷗州塾、ありがとー!

  • 下関西高校

    18goukaku1830616640.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1830616640.jpg

    下関西高校

    私は中3の10月に入塾しました。学校と塾の授業の進度はまったく違い、少しびっくりしました。しかし、先生方の授業は分かりやすく、1か月後には授業の内容を簡単に理解することができるようになりました。そして授業の合間の先生との会話が、塾に来る楽しみになりました。そのため、私は志望校に合格するために熱心に勉強するようになっていました。 塾の通常授業に加えて、「大的中ゼミ」も受講しました。私にとって「大的中ゼミ」の時間は長く、取り扱う問題が難しかったので、正直嫌いでした。しかし、今思うと、本当に自分のためになることばかり教わりました。受験に対する自分の自信にもつながりました。 私は下関西高校の推薦入試を受けましたが、不合格で後悔だけが募りました。私はこの結果を受けて、もっと熱心に勉強するようになりました。不合格だからといって落ち込んでいる暇はないと思い、この思いが次の受験に向けた取り組みにつながりました。 推薦入試を受けたからかもしれませんが、一般入試当日はあまり緊張しませんでした。そのため、いつも通りの力を発揮することができ、合格することができました。試験勉強中は何事もポジティブに考えることが大切です。点数が悪いほど、するべきことが多く、そこには伸びしろしかないから、努力すれば何とかなると思います。先生、ありがとうございました。