鷗州塾ウェブサイトは移動しました

岡山

  • 岡山朝日高校

    18goukaku1733751185.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1733751185.jpg

    岡山朝日高校

    私は中2の時、テストの点数を上げるために入塾しました。最初は大変でも頑張るつもりでしたが、なかなかうまくはいきませんでした。授業の進度が速く、宿題も多く、本当に大変でした。しかし、塾の先生に言われた通りに、宿題をきちんとし、ワークも繰り返し解いていくことで、テストでも450点以上を取ることができ、とてもうれしかったです。中3の11月くらいに志望校を岡山朝日高校に決めてからは、「大的中ゼミ」の教材を解き直し、さらに塾の先生からもらった過去問を解くようにしました。最初はまったくと言っていいほどできず、とても不安でした。しかし、分からなかった問題は塾の先生に質問し、少しずつ分からないところをなくしていきました。「大的中ゼミ」を岡山駅前校で受けるようになってからは、周りのみんながすらすら問題を解く姿にとても刺激を受けました。私はできない問題があると、すぐにやる気がなくなり、勉強から逃げてしまうところがありました。そんな時、塾の先生は、「今からでもしっかり頑張れば大丈夫!」と励ましてくれました。この励ましがあったからこそ、最後まで頑張れたのだと思います。合格が分かった時、私は今までで一番うれしかったです。それは鷗州の先生方に出会えたからこそ味わえたのだと思います。先生方の適切な指導と励ましに、心から感謝します。模試の判定が悪くても、塾の先生方の言葉を信じて頑張れば、合格は勝ち取れます。

  • 岡山芳泉高校

    18goukaku1830620316.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1830620316.jpg

    岡山芳泉高校

    私は、中3の4月に鷗州塾に入りました。「近いから」という理由で、幼いころから芳泉高校を第一志望に決めていました。いざ、中学生になってからは、部活や他の習い事などで、なかなか勉強時間が取れずに2年間を過ごしました。そのため、中2の最後のテストで8割を下回ってしまいました。そして、受験への不安が募り、この塾に入りました。私が塾に入って驚いたのは、学校より授業進度が速いということです。初めは驚きましたが、慣れてくると、塾でやったところが学校で出るので、だんだん余裕ができてきました。そうなると、苦手な教科を克服する時間もしっかり取ることができました。この塾の授業形式は、とても良いと思います。私が一番頑張ったのは、苦手教科の克服です。私は社会が苦手で、いつかは克服したいなと思っていました。学年が上がるにつれ覚える内容も多くなり、成績が上がるどころか、下がってしまい、実力テストでは60点台を取るようになってしまいました。このままではいけないと思い、教科書や「大的中ゼミ」などのテキストを何度も読み直したり、解き直したりしました。そのうち、入試過去問でも8~9割取れるようになりました。入試当日はもちろん緊張しましたが、塾の先生と話をすることができ、緊張も和らぎました。本当に塾に入って良かったです。鷗州万歳!!

  • 倉敷青陵高校

    18goukaku1433237175.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1433237175.jpg

    倉敷青陵高校

    私は、小5の初めに入塾しました。中学受験をしたのですが、志望校に落ちてしまいました。そのため、地元の中学校に通うことになりました。中学受験で失敗したこともあり、早い段階から高い目標を持って、中学校生活を送りたいと思い、青陵高校を受験することを決めました。しかし、中1・中2のころは、受験なんてまだまだだと思い、学校の課題に取り組むだけで、あとは遊んだり部活動をしたりしていました。 私が焦り始めたのは、中3の夏ごろ、部活動を引退した時期からです。それまでは、適当に勉強をしていても、学校や模試の順位は上位のほうでした。しかし、夏休みごろから周りの人が入試勉強をし始めて、差ができるようになりました。そこで私は、9月からの「大的中ゼミ」で入試演習をたくさんして、家でも学校からの課題以外の勉強をするようになりました。 私の友達には、私立を専願で受ける子、高校からの推薦をもらっている子が何人かいました。一般入試の直前に、その友達が遊んでいるのを見ると、うらやましかったし、イライラする時もありました。でも、周りには自分と同じ状況にある人もたくさんいました。塾の先生・両親・友達には、勉強面でも精神面でもたくさん支えてもらいました。だから、最後まで頑張ることができました。合格発表の日、自分の受験番号を見つけた瞬間の気持ちは、忘れることができません。皆さんにもこの気持ちを味わってほしいです。

  • 岡山一宮高校

    18goukaku1733762559.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1733762559.jpg

    岡山一宮高校

    私は、同級生の友達からの誘いで中2の夏に入塾しました。塾に通う前までは、部活動が中心の生活で、勉強にはあまり力を入れていませんでした。そんな私を変えてくれたのが、鷗州塾の先生方でした。先生方はいつも、分かりやすく丁寧に教えてくださり、勉強することの楽しさや大切さを学ぶことができました。このような先生方の指導のおかげで順調に成績は伸びていきました。そんな時、先生方から「広大附属福山高校の入試も受けてみないか」というお話をいただきました。私は、こんな機会は二度とないと思い、チャレンジすることにしました。しかし、附属福山入試までの期間は短く、時間も限られていました。そのため私は、なるべく毎日自習室に行き、過去問を何度も解き直しました。また、分からないところは先生に聞き、コツコツと地道に努力をしました。頑張った分、合格した時のうれしさはとても大きかったです。この経験もあり、公立高校の第一志望校にも無事合格することができました。私は、受験勉強を通して、チャレンジすること、あきらめずに努力することの大切さを、改めて学ぶことができました。高校に入ってからはもっと大変だと思います。先生方から学んだことや、自分自身が感じたことを忘れず、今まで以上に頑張っていきたいです。先生方、本当にありがとうございました!

  • 倉敷南高校

    18goukaku1833920102.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1833920102.jpg

    倉敷南高校

    僕は中3の4月に入塾しました。塾では先取り学習とともに、過去の復習もしてくれて、自分が理解できていなかったところを見つけて解けるようになりました。中2のころ僕は、古城池高校を志望していました。気持ちでは倉敷南高校に行きたいと思っていましたが、学校の学年順位が上がらず悩んでいました。しかし中3から鷗州塾に入り、学んでいく中で、学年順位を上げることができ、倉敷南高校に合格できました。塾では勉強面だけでなく気持ちの面でもサポートしてもらい、入試本番では最大限の力を発揮できました。 鷗州塾でもらうテキストすべてに、大切なことが書かれており、入試まで何度も解き直しをしました。入試直前には10時間の特訓会があり、途中で「これ以上は無理!」と思ったこともありました。しかし塾で大勢の人と一緒に勉強することで、「みんなが頑張っているから僕も頑張らないと!」という気持ちになって、最後の最後まで頑張り抜くことができました。 僕は今まで数学は苦手でした。授業は好きでしたが、テストでは思うように得点ができず、困っていました。しかし鷗州塾で勉強していく中で、数学のテストで高得点が取れるようになり、入試本番では5教科の中で、一番良い点数を取ることができました。鷗州塾に入塾して本当に良かったです。

  • 岡山操山高校

    18goukaku1733751117.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1733751117.jpg

    岡山操山高校

    僕は中2の時に、入塾しました。当初は、授業の進むスピードが学校とはまったく違うことに驚き、本当についていけるのか不安に感じました。しかし、先生方がとても分かりやすく教えてくださり、最大限のサポートをしてくれたおかげで、授業についていくことができました。 僕は中3の6月ごろまではテストや模試の点数が思うように上がらず、とても悩んでいました。夏休みになり、部活が終わったことで、それまで以上に勉強を頑張るようになりました。塾の「“猛特訓”会」や「大的中ゼミ」にも参加しました。すると少しずつですがテストの点数が上がっていきました。特に僕にとって役立ったのは、大晦日とお正月の特訓会です。なぜなら、社会や理科の不安なところを復習することができ、大きな自信になったからです。それ以降も入試に向けて精いっぱい頑張りました。 入試当日は、ものすごく緊張していましたが、見送りに来てくださった先生方に「大丈夫!」と声をかけていただき、緊張が和らぎました。合格の結果が分かった時、「努力は報われる」ということを実感しました。皆さんも自信がなくなった時は、自分がどれだけ努力してきたのかを思い出してください。きっとそれが自信につながっていくと思います。頑張ってください!そして鷗州塾の先生方には、言葉で言い表せないほど感謝しています。本当にありがとうございました!

  • 倉敷天城高校

    18goukaku1332999758.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1332999758.jpg

    倉敷天城高校

    私は小4の春に入塾しました。最初は授業の内容が分からなくなることが多く、大変でしたが、少しずつ塾の宿題をしていくことで、できるようになってきました。 それから中学生になって、部活と勉強の両立が難しくなってきた時に、助けになったのは塾での勉強でした。授業が学校よりも速く進むので、学校で分からないことが減り、両立することがとても簡単になってきました。時には塾の宿題を忘れてしまうこともありましたが、塾の宿題をしっかりやったことが、高校合格につながったと思います。 夏休みが終わり、部活を引退してからは、勉強に集中し始めました。9月ごろはなかなか勉強に集中できない日もありましたが、2学期の後半ごろからは、勉強に本格的に取り組みました。「大的中ゼミ」の解き直しをしたり、過去問を解いたりする勉強を中心に進めました。それでも不安は残っていました。 入試の直前、とても緊張しましたが、前日にあった塾の先生からの電話で、少し不安を消すことができました。入試当日は緊張しましたが、塾の先生の顔を思い出したり、教えてもらった緊張のほぐし方をやったりして、自分の実力を出すことができました。 発表の日、合格したことが分かった時は、とてもうれしかったです。高校生になっても続けて鷗州塾に行くぞ!とその時思いました。

  • 倉敷古城池高校

    18goukaku1833936579.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1833936579.jpg

    倉敷古城池高校

    僕は小学校のころまでは、宿題はもちろん生活態度もあまり良くありませんでした。中学に入学するころ、提出物・生活態度・授業態度などからつけられる内申点が高校へ送られると言う話を聞き、少し危機感を抱きました。そして中1のころからずっと、提出物の期限を守ることや、授業中や生活の態度を改善しました。僕は本番で周りよりも高得点を取れる自信がなかったので、内申点でカバーできるように日々の努力を重ねました。 定期テストでは、範囲が比較的狭いので、とにかく良い点数を取れるように努力しました。鷗州塾では、定期テスト対策をしっかりしてくださるので、先生の言うことをよく聞くようにして、休まずに通ったら、高得点が取れるようになりました。学校でのワークやプリントなどで分からないところも、質問に行くと、分かるまで熱心に先生が教えてくださいました。中3になると、定期テストだけでなく、入試に向けて計画的に力がつくようなプリントをいただき、それを一生懸命に覚えました。すると、実力テストでも少しずつ点が取れるようになりました。過去の問題から、どのような問題がよく出題されるかなどアドバイスいただき、とても助かりました。鷗州塾の先生方は熱心に教えてくださるので、最後まで塾に行くのがとても楽しかったです。

  • 岡山一宮高校

    18goukaku1533420563.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1533420563.jpg

    岡山一宮高校

    僕は小6の時に入塾しました。最初は、授業のスピードが速くびっくりしました。授業の内容も難しく、ついていけるか不安でした。しかし、先生方がいつも僕を励ましてくれたおかげで勉強についていくことができました。僕が勉強への強い意識を持ち始めたのは、中3の時です。受験生になって初めて、勉強に追い込まれていると思いました。受験生になってからは、しっかり計画を立てて勉強しました。社会が苦手だったので、夏期講習会の「重要単元“徹底攻略”講座」や「“猛特訓”会」のテキストを何度も解き直しました。また、夏休み明けからは「大的中ゼミ」でさらに理解を深めていきました。そのおかげで、学校の自己診断テストや、塾の模試の成績も上がり始めましたが、10月ごろまでの自己診断テストや模試ではあまり良い結果が出ず、落ち込むこともありました。11月の模試でやっと満足のいく結果となりました。それからは自信を持って勉強に取り組むことができました。入試当日は少し緊張していましたが、先生たちが声をかけてくれたので、自分の実力をしっかりと発揮することができました。合格を知った時はとてもうれしかったです。自信を持って勉強してきたからこそ、合格できたのだと思います。高校では勉強がもっと大変になるので、これからも努力し続けたいと思います。鷗州塾に入って本当に良かったです。

  • 倉敷古城池高校

    18goukaku1833934236.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1833934236.jpg

    倉敷古城池高校

    僕は中3の7月に入塾しました。途中から入塾したので、授業の内容も先に進んでいて、分からないところがたくさんありました。でも塾の先生が分かりやすく面白く解説してくださったので、授業の内容がすらすら頭に入ってきました。学校で授業を受けている時に、「あっ!ここは以前に塾でやったところだ」と思ったりすることもありました。塾で勉強していたので、学校の勉強も、けっこう解けました。 塾で勉強していて、集中力が途切れそうになった時、塾の先生は注意してくれました。さらに家族で進路の相談に行くと、夜遅くなっても、相談に乗ってくれました。困っていることや、悩んでいることも、しっかり相談できたので、すっきりして受験に挑めました。受験日の2日前の補習でも、気合いを入れてしっかり勉強できました。 受験当日は緊張しましたが、今まで塾や学校や家で勉強してきたことが自信になりました。筆記テスト後の面接も、緊張しましたが、受験1日目も含めて塾の先生が応援に来てくれたので、とても元気が出ました。そのこともあって、面接は自分でも良くできたのではないかと思います。 合格発表の日、僕の受験番号はありました。表には出さずとも、内心ではものすごくうれしかったです。もしあの夏に?州塾に入塾していなかったら、僕は高校に落ちていたかもしれません。鷗州塾に入塾して本当に良かったです。

  • 倉敷南高校

    18goukaku1633767725.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1633767725.jpg

    倉敷南高校

    私は、中1の秋に入塾しました。最初は授業を進めるスピードが速く戸惑いましたが、おかけで学校の授業がよく分かるようになり、勉強が楽しく感じるようになりました。 しかし、中3になってからは思うように成績が上がらず、悩んだ時期がありました。そんな時でも塾の先生は親身になって相談に乗ってくださり、力強い言葉で励ましてくれました。その言葉で、沈んでいた気持ちも晴れてきて、勉強に取り組むことができました。その成果が出たのは、入試前の最後の塾内模試でした。満足のいく結果が出て、今まで不安だった気持ちが自信に変わりました。 入試当日は、とても緊張しましたが、今まで頑張ってきたことや、塾の先生が励ましてくれた言葉を思い出して、心を落ち着かせることができ、集中して取り組むことができました。 それでも合格発表の日には、落ちているかもしれないという不安で涙が出ました。しかし、自分の受験番号を見つけた瞬間、その涙はうれし涙に変わりました。 私が自信を持って「頑張った」と言えることは、塾に休まず行ったこと、出された課題はきちんとしたことです。当たり前のことを当たり前にすることと、継続して勉強していくことが、何よりも大切なことであると感じました。

  • 岡山芳泉高校

    18goukaku1833924160.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1833924160.jpg

    岡山芳泉高校

    僕は、中3の5月に入塾しました。学校と塾の授業スピードはまったく違い、とても戸惑いました。周りのみんなは真剣に授業を聞いていて、このクラスでついていけるのだろうかと不安や緊張でいっぱいでした。しかし、先生たちはいつも私を励ましてくれ、挫折しそうになった時は心強い支えになってくださいました。それでも部活との両立は、なかなかうまくいかず、塾内模試の得点も思うように伸びませんでした。今思えば、その忙しさの中でも復習を忘れずコツコツ真面目に勉強していたことが、芳泉高校合格に結びついたのだと思います。僕は、夏の特別講座の「重要単元“徹底攻略”講座」「“猛特訓”会」や、「大的中ゼミ」など、すべてを受講しました。その教材を何度も繰り返すことで、少しずつ入試問題の得点が上がっていきました。入試当日は緊張しましたが、先生たちが校門の前で励ましてくれて、少し緊張がほぐれ、心強かったです。合格を知った時は涙が出るほどうれしかったです。先生や一緒に勉強してきた仲間を信じて勉強したからこそ、このような結果が出たのだと思います。これからの勉強がもっと大切なので、今後も鷗州塾の高校部で気を抜かず勉強し続けようと思います。塾に入って素晴らしい先生方や、一緒に頑張る友達を得ることができました。鷗州万歳!!

  • 岡山芳泉高校

    18goukaku1830620384.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1830620384.jpg

    岡山芳泉高校

    私は中3の7月に入塾しました。私は英語がとても苦手で、定期テストでも必死に頑張らないとなかなか点が取れませんでした。中3になり、自己診断テストが行われるようになりました。英語の点は下がる上に、得意な数学も簡単には点が取れなくなりました。しかし、塾の授業を受けることで、中3の内容を理解することができ、基礎を固めることができました。10月か11月ごろ、基礎だけではどうにもならない入試問題に直面するようになりました。繰り返し問題を解いてもなかなか得点が伸びず、芳泉高校をあきらめなければならないかもしれないという思いが何度も頭をよぎりました。しかし、その時、私の心を支えてくださったのは、鷗州塾の先生でした。自信をつけるために、たくさん褒めてくださったり、分からない問題を分かるまで教えてくださったりと、親身になって接してくださいました。すると、解ける問題が増え、少しずつ自信を持てるようになりました。また、日に日に芳泉高校へ入学したい気持ちが大きくなっていきました。入試が近づくと、焦ったり、不安になったり、冷静であるとは言えませんでしたが、今まで解いてきたノートを振り返ったり、先生の言葉を思い出し、「自分ならできる」と言い聞かせました。私が自信を持てるようになるほど勉強に取り組めたのは、鷗州塾があったからだと思います。あきらめないで本当に良かったです。

  • 岡山芳泉高校

    18goukaku1433515498.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1433515498.jpg

    岡山芳泉高校

    合格発表の日、合格したのはすごくうれしかったのですが、達成感はあまり感じることができませんでした。中3の夏まで部活中心の生活を送っていて、引退してもフワフワとした気分が抜けませんでした。勉強時間も他の人と比べると、ずば抜けて短かったと思います。その時点で私はもう「受験」という戦いに負けていました。受験生という自覚がないに等しかったのです。試験が終わると、「終わったら楽になる」と思っていた時が懐かしく感じるほど苦しく、つらい時間が待っていました。意味のない後悔を繰り返し、寝られない夜が続きました。そんな私の気持ちを軽くしてくれたのが塾の先生でした。学力試験終了日に泣きながら電話をかけた時も、優しい言葉で私を元気づけてくれました。「受験合格はゴールではない」、今、ようやくこの言葉の意味が理解できたと思います。遠くで待っているゴールに向かって、どう進むかが大切です。今回感じた苦しさ、つらさ、後悔を力に変えて、高校生活を充実したものにしたいと思っています。そして、大学受験で同じことになってしまわないように、計画的に勉強していきます。後輩の皆さんはこれを読んで、「頑張らなかった先の苦しさ」がよく分かったかと思います。後悔しないためにも、最後まであきらめず、しっかり勉強してください!

  • 岡山芳泉高校

    18goukaku1633761409.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1633761409.jpg

    岡山芳泉高校

    私は小6の4月に入塾しました。中学受験に向け、学校よりも進度が速く、内容が難しい勉強環境で、必死に頑張りました。しかし、中学受験では失敗し、とても悔しかったのを覚えています。そのため、「高校受験は絶対に合格してやる」という気持ちが中1のころからありました。中学校に入り、提出物は3年間すべて完璧に提出しました。その結果が受験の総合得点の土台になってくれたと思います。しかし、中3の最初は、合格ラインを越えていたため、次第に勉強で手抜きをし始め、部活・その他のことに専念することが多くなりました。その結果、夏休み明けの塾内模試はボロボロでした。それから心を入れ替えて、苦手教科を徹底的に勉強し始めました。英語が苦手だった私は、中1からすべて復習しました。しかし10月の模試では結果は出ず、勉強しているにもかかわらず得点は下がってしまいました。それでも友達・塾の先生のおかげもあり、逃げずに、毎日長文を解き、単語・連語を覚えました。その結果、1月の模試で英語の偏差値が20も上がり、5科目の偏差値も7上がりました。ラスト2か月は、ほぼ毎日学校帰りに塾の自習室へ行き、勉強から逃げませんでした。入試当日は、自分の力を信じていたので緊張しませんでした(笑)。しかし、合格発表当日はとてもドキドキしました。合格を知った時は、うれしさのあまり涙を流してしまいました。先生方本当にありがとうございました。

  • 岡山芳泉高校

    18goukaku1833930839.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1833930839.jpg

    岡山芳泉高校

    私は中3の夏期講習会から入塾しました。周りの友達よりも入塾が遅かったため、しっかりついていけるか不安でしたが、先生方も分からないことがあれば分かりやすく理解するまで説明してくれ、だんだんと不安は消えていきました。家庭学習の時間が少なかった私は、先生からのアドバイスを受け、冬から自習室を利用するようになりました。学校帰りにそのまま行き、土曜日も自習室に通いました。自習室で勉強している時に分からない問題があれば、先生にすぐに聞きに行けるのがすごく助かりました。そのおかげで、伸び悩んでいた自己診断テストや模試は、1月の結果が今までで一番良かったです。また、「大的中ゼミ」や普段の授業で、入試演習を何度も何度も繰り返すことによって、入試本番は慌てず落ち着いて解くことができました。間違い直しノートを作ることによって、自身の苦手単元を知り対策することができました。模試の判定を見て、自分の学力では無理かもしれないとあきらめかけたことも何度もありましたが、先生方や友達、家族の支えで無事合格することができました。入試当日、先生方が応援に来ていて、カイロに「大丈夫!合格!!」と書いてくださり、とても心強かったです。最後まであきらめないで良かったと思いました。本当にありがとうございました。

  • 岡山工業高校

    18goukaku1633761262.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1633761262.jpg

    岡山工業高校

    私は中1から入塾しました。しかし、中1・中2とあまり結果が出ませんでした。塾をやめようとしましたが、先生方のアドバイスにより、集団授業から個別指導に切り替え、引き続き頑張ることになりました。それでもなかなか結果は出ず、部活動と勉強の両立はとても難しかったです。そんな時に先生はいつも励ましてくれました。その時の先生の言葉はいつも私の心の支えとなり、また頑張ろうという気持ちにさせてくれました。部活動も引退し、受験シーズンに突入すると、今まで少ししか利用しなかった自習室に、毎日行くようになりました。しかし、学校のテストで思い通りの結果が出ませんでした。今そのことを考えてみると、学校のテストでは結果は出なかったけれど、入試の時に自習室での頑張りが発揮され、志望校に合格できたのだと思います。「努力は裏切らない」ということを、改めて感じました。入試当日の朝はとても緊張して、朝食も喉を通りませんでした。しかし、試験が始まって少し経つと緊張もほぐれて、いつも通りに問題を解くことができました。そして、合格したと分かった時は、今までの苦しみや疲れが一気に吹き飛びました。この気持ちを忘れずに、高校になっても勉強と部活の両立ができるように頑張りたいです。

  • 岡山朝日高校

    18goukaku1733638098.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1733638098.jpg

    岡山朝日高校

    僕は中学受験に失敗しました。しかし、これが僕の逆転劇の始まりだったように思います。中学受験をしたころの僕は、宿題も真面目にせず、遊びほうけ、周りに流されるまま受験することを決めたような、あまり褒められた生徒ではありませんでした。何も考えず日々をぼーっと過ごし、いざ受験をすると、先述の通りもちろん不合格。そもそも受かるとも思っておらず、ショックもまったくありませんでした。そして、いわゆる「普通」の中学校に進学した僕は、今までと変わらない日々を送り、成績も次第に落ちていきました。それを見かねた両親は、僕が中2の時に鷗州塾に入塾するよう言いました。初めは、やる気はあまりなく、授業を受けて、ある程度宿題をするといった感じでしたが、なんと成績がぐんと上がりました。その時から、次第に、高校受験では絶対に成功してやろうという気持ちが大きくなりました。今までの自分を見つめ直し、どこがダメだったのかを研究し、自分の性格も考慮し、自分に一番向いている勉強法を実行していきました。そして、無事、岡山朝日高校という、自分が一番目標にしていた高校に合格することができました。この体験から、皆さんに伝えたいことは、自分なりの勉強法を作り出すことと、失敗は必ず糧になるということです。もし、何かにつまずいて、あきらめそうになっても、ひたすらに頑張ってください。それが、大きな成功の鍵となり得ます。

  • 岡山芳泉高校

    18goukaku1333024292.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1333024292.jpg

    岡山芳泉高校

    私は小4から鷗州塾に通っています。同じクラスの塾生の中では、一番長く鷗州塾に通っています。小学生と中学生の間、さまざまな夢ができました。憧れの芳泉高校に合格することもそうですが、国公立大学に行くこと、人を助ける仕事に就くことなどです。高校合格以外の残りの夢も、必ずかなえてみせます。塾の先生方には本当に感謝しています。何度先生に救われたか数え切れません。塾内模試で思うように点数が伸びなくても、先生方はいつも私の学力をフォローしてくれました。また、ここまで一緒に戦ってくれた友人や家族にも感謝しています。合格への道は茨の道でしたが、自分の決めた道でもあるので頑張れました。受験をするのは自分、合否を決めるのも自分、これからの人生を歩むのも自分。途中で自分の志望校を変えることも考えました。でも、変えなくて良かったと思います。逃げることもできる、でも今しかできないこともあります。自分が今まで生きてきた道で、いろんな人に助けられました。これからも人の助けなしでは生きていけないでしょう。助け、助けられの関係をたくさん築いてきた今の私は、本当に感謝すべきものが分かった気がします。鷗州塾の仲間や先生方、ありがとうございました!

  • 岡山芳泉高校

    18goukaku1830620625.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1830620625.jpg

    岡山芳泉高校

    僕は中3の時に、この塾に入塾しました。そして授業を受けてみると、レベルの高さに驚かされました。しかし、その当時は部活があり、塾の宿題ができない時がありました。そのせいで、仲間に差をつけられました。9月の自己診断テストでは、目標点に80点足りない結果となり、とても落ち込みました。同時に、コツコツすることの大切さを学びました。それからは、塾の自習室にほぼ毎日通い、コツコツ力をつけることにしました。特に僕の苦手な国語の力をつけるため、いろいろな都道府県の過去問を解きました。すると、自己診断テストで、全体的に満足のいく結果を出すことができました。通知表の評定も、中1や中2の時と比べると、ぐんと上がりました。受験まであと三か月というところからは、理科・社会の勉強を始めました。理科・社会も他の都道府県の過去問を解くことで、受験で少し形式が変わっても対応することができると思います。もちろん、岡山県の過去問を解くことも、とても大切です。解くことによって、だいたいどのように問題が出るのかを把握することができます。過去問を解いていたおかげで、受験でもすらすらと問題を解くことができ、私立高校も公立高校も自分が合格したかった学校に合格できました。とにかく受験勉強では、繰り返し問題を解くこと、それをコツコツと続けることが大切です。分からないことは、先生方がとても丁寧に分かりやすく教えてくれますよ。

  • 岡山城東高校

    18goukaku1733691479.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1733691479.jpg

    岡山城東高校

    私が鷗州塾に入塾したのは、中2の12月でした。そのころの私は、とにかく「部活が命!!」といった感じだったため、それまで全力で勉強した記憶がまったくありません。そんな中、私が加わったSZクラスは、集中して問題を解く人、積極的に先生に質問している人が多く、みんなの意識の高さにとても驚きました。 そして、9月から始まった「大的中ゼミ」が、そんな私を変えてくれました。中1・中2の内容を総復習でき、発展入試演習や「これが出た450」など、テキストの隅から隅まで解き、解き直しました。塾のない日や冬休みには、自習室に通い、苦手な問題を一つでも多く克服しようと頑張りました。 また、私はWeb講座がすごく気に入っていて、「1日5本の動画を受講する!」と決め、毎日のように復習に励みました。先生からも「Web講座も活用できていてすごい!!」と声をかけていただき、とてもうれしかったです。これから受験生になる皆さんにもおすすめしたいです! 入試では、全力で試験に取り組むことができました。鷗州に入塾したからこそ身についた長時間での集中力も、私の合格への大きな力となりました。問題がうまく解けなくても、模試の結果が良いときも悪いときも、自分を信じてください。たくさん自分のしてきた努力を信じてください。信じることが合格への近道です。先生方、本当にありがとうございました!!これからもよろしくお願いいたします。

  • 岡山朝日高校

    18goukaku1433421164.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1433421164.jpg

    岡山朝日高校

    僕は小5の3月に入塾しました。朝日高校のオープンスクールに参加した時、高校生の皆さんが「自主自律」を重んじて、和気あいあいと高校生活を過ごしている姿を見て、この学校に入りたいと強く思いました。また、高いレベルの中で切磋琢磨して、勉強や部活動に集中できることも、大きな決め手の一つでした。中学受験では思うような結果になりませんでした。その時、僕の勉強に対するサボりと実力のなさを痛感しました。その経験を糧にして臨んだ高校受験。受験当日までの日々は、意外に短く感じられました。中2の時から所属していたクラスでは、周りの人のレベルが非常に高く、追いつくことに必死でした。部活動との両立が難しく、とても不安だった僕を、鷗州塾の先生方が励ましてくださったことを鮮明に記憶しています。試験当日も、鷗州塾の先生方が受験校に来て、緊張やプレッシャーに弱い僕を励ましてくださいました。もちろん親からもらった力も大きいのですが、鷗州塾なしでは今の自分はいないと思います。高校では勉強もより難しくなると思います。後輩の皆さんも頑張ってください。最後に、今まで支えてくださった鷗州塾の先生方、本当にありがとうございます。鷗州最高!

  • 岡山朝日高校

    18goukaku1733799082.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1733799082.jpg

    岡山朝日高校

    朝日高校合格までの道のりは、とても長く苦しいものでした。勉強をしないといけないのは分かっていても、なかなかやる気が起きず、塾をサボったり、現実逃避をしたりしてしまうこともありました。そんな私が受験期を無事に乗り越えることができたのは、家族をはじめとする応援してくれた人たちや友達、そして鷗州塾の先生方のおかげだと思っています。 受験勉強が苦しい時、周りの人たちからのエールにとても元気づけられました。その人たちを喜ばせたい、という気持ちが、私の強力なエンジンになっていたと思います。また、同じ目標に向かって頑張る友達の存在も大きかったです。毎日自習室に通い、何冊も自主勉強ノートを進める姿は、私のやる気に火をつけてくれました。 そして、私をここまで導いてくれた先生方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。入試直前でナーバスになっている時、大量のプリントはもちろん、プロフェッショナルである先生方のアドバイスが心の支えになりました。 私は特にこれを頑張った!というものがあるわけではなく、えらそうなことは言えませんが、一つ大切にしていたことがあります。それは、「最後まで頑張り続ける」ということです。逃げ出したくなる気持ちもありましたが、入試前夜までできる限りのことをしました。それが自信にもつながったと思います。皆さんも感謝の気持ちを忘れず、後悔が残らないように頑張ってください。

  • 岡山朝日高校

    18goukaku1433410094.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1433410094.jpg

    岡山朝日高校

    僕は小4の時に入塾しました。その時は行きたい中学があり、合格を目標にして努力しましたが、思うような結果になりませんでした。不合格を知った時には「なぜこんなに頑張ったのに報われないんだ」とひどく落ち込みました。 その後、中学校からはZクラスに在籍していましたが、公立の中学校は進度が遅く、勉強が苦手な生徒も多いので、Zクラスに在籍し続けることに必死でした。何度も挫折しそうになりました。しかしそんな時は、中学受験の悔しさを思い出し、自分を奮い立たせました。すると中3の時に英検2級を取得するなど、だんだんと努力が実を結んでいっていることを実感でき、ついには朝日高校合格を勝ち取ることができました。僕が高校受験を通して感じたことは、「努力はすぐに報われるとは限らないが、いつかその努力が必ず花を咲かせる」ということです。 受験を迎える皆さん、これからたくさんしんどいことがあって、多くの壁にぶつかることと思います。それでも前を向き続けてください。努力した分だけ必ず自分に返ってきて、実を結び花を咲かせ、それが志望校合格への一歩となります。頑張ってください! 最後に、僕の受験生活を支えてくれた塾の先生、家族のみんな、本当にありがとうございました。

  • 岡山朝日高校

    18goukaku1733800675.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1733800675.jpg

    岡山朝日高校

    私は中2の春に入塾しました。このころから朝日高校を目指したいと思うようになりました。しかし中3の夏ごろまで週6日部活動があり、勉強に充てられる時間は限られていたので、十分に満足できるような勉強はできていませんでした。中3の夏休みから本格的に受験勉強を始めました。私は本当に国語が苦手で、偏差値も低かったので、塾の先生からすすめられた参考書1冊を解き切ることを夏休みの目標にし、苦手な国語の克服に努めました。苦手なことに変わりはありませんでしたが、1冊解き切ったことで少し自信がつきました。9月から始まった「大的中ゼミ」では、周りの人から多くの良い刺激を受けることができました。また独自問題に沿った入試演習だったので、とても役に立ったと思います。「大的中ゼミ」の問題は、入試直前まで何度も解き直し、似たような問題にも対応できるようにしました。1月の最後の模試でも結果が伸び悩みましたが、勉強することでしか不安は消せないと思って、全力で頑張りました。入試当日はいつも通りに解くことを心がけて、自分を落ち着かせました。合格と知った時は、つらいことばかりの受験期でしたが、自分の努力を信じて乗り越えることができて良かったと思いました。同時に大きな達成感も得ることができました。これからは、気持ちを新たに勉強に励んでいきたいです。

  • 倉敷南高校

    18goukaku1333041853.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1333041853.jpg

    倉敷南高校

    私は姉の影響で小3のころに入塾しました。学校と塾の問題の難しさに戸惑いながらも、少しずつ自分のペースがつかめるようになりました。先生方の全力のサポートがあったからこそ、もっと頑張ろうと思えたのだと思います。中学校に入学し、部活と勉強の両立がうまくできず、テスト週間もあまり勉強せずにいました。そのため塾内模試の点数や定期テストの点数が伸びず、たくさん悩んだこともありました。中3になってもその状況が続き、夏休み、冬休みとなっていきました。受験まで残された時間がわずかになった時、周りの人が本格的に受験勉強を始めているのを見て、本気の受験勉強が始まりました。まずは自分に合った勉強方法を見つけ、生活リズムを整えました。私は理系科目が大の苦手だったので、過去問や「大的中ゼミ」のテキストを使い、応用問題を解けるようにしました。入試当日はとても緊張し、家や塾などで問題を解いた時よりも全然解けず、時間がとても短く感じられました。合格が分かった時はすごくうれしかったです。受験勉強を始めたのはとても遅かったですが、入学した時から、学校の提出物を完璧に出していたことが大きな力になったと思います。日々の積み重ねが大切だと実感しました。これからも、日々の積み重ねを忘れず勉強していきたいと思います。

  • 倉敷古城池高校

    18goukaku1833932470.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1833932470.jpg

    倉敷古城池高校

    私は中3の時に入塾しました。定期テストの順位や点数が悪くなっていたので、兄が通っていた鷗州塾に通うことになりました。 当時の私の勉強といえば、学校の宿題をすることだけで、受験生としての意識がまったくありませんでした。夏期講習では、朝から塾に来て、1日中勉強をするというハードスケジュールで、最初はなかなか慣れませんでした。私は塾は絶対休まないということだけは決めていたので、成績はそれ以上下がることがありませんでした。むしろ夏休み明けから、どんどん伸びていきました。しばらく右肩上がりの成績で、私は気を抜いていました。しかし、冬ごろから、なかなか結果につながらなくなりました。私立高校の受験は、初めての入試だったので周りに圧倒され、とても緊張しました。そして私立入試を経験してからやっと受験生としての自覚が生まれました。そこからはあっという間でした。暗記科目を中心に、これまでの総復習をしました。実際に合格した時は、うれしさと驚きが半々でした。受験生としての自覚が生まれるのが遅かった私が合格できたのは、ずっと塾に通い続けていたからだと思います。勉強はあまり好きではありませんでしたが、塾には楽しく通い続けていました。私は高校生になっても鷗州塾に通い続け、今度は大学合格も勝ち取ります!

  • 倉敷青陵高校

    18goukaku1633744623.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1633744623.jpg

    倉敷青陵高校

    僕は中1の夏休みから入塾しました。入塾したばかりの時は、周りのレベルが高く焦りました。ですが、塾に通い続けるうちに、塾の授業や演習についていけるようになりました。そしてそれと同時に、テストの点数も上がっていき、うれしかったです。 中3になり、学習内容が難しくなってくると、得意教科と苦手教科が分かれてきました。僕の場合は、苦手教科は英語でした。実力テストや塾内模試も高校入試を意識した問題が増え、点数が急激に落ちることもあり、つらかったです。 そんな状況から抜け出すには、夏休みが絶好の期間だったと思います。学校の授業がいったんストップし、これまでの復習や入試問題に取り組むことで、苦手教科に向き合う時間が取れたと思います。 さらに、9月から始まった「大的中ゼミ」も実力をつける上でかなり役立ったと思います。早い段階から入試レベルの問題に触れることで、難しい問題も少しずつ解けるようになり、塾内模試などの点数が大幅に上がりました。 しかし、入試が迫ってくると、意識しないうちに焦りが出てきて、ミスが多くなることもありました。そんな時に、先生方が励ましてくださったのは、とても心強かったです。 入試本番は、模試などとは違った緊張感がありましたが、落ち着いて十分に実力を発揮できました。3年間の頑張りのおかげで大きな自信がつきました。高校生になっても今の頑張りを続けていきます!

  • 倉敷青陵高校

    18goukaku1733691683.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1733691683.jpg

    倉敷青陵高校

    私は中学校に入学した時から青陵高校に行きたいと思っていました。しかし、クラスの人数が少ないため自分の実力を周りと比較することができず、何の焦りも感じないまま中3を向かえました。初めての学校の進路相談の時、クラスでは良い順位でも、倉敷市全体での位置や実力テストでの点数を見て、青陵には程遠いことを知り、志望校変更を勧められました。自分の勉強量の少なさを痛感したのは倉敷校で受けた夏期猛特訓会です。周りにいるのは全員青陵を目指している人たち。周りから聞こえてくる丸の音、自分とはまったく違う丸の量に悔しさを感じ、家で何度も解き直しをしました。夏休み明けには苦手だった理社の成績が伸び、テスト全体の点も上がり、猛特訓会で良い刺激をもらえたと思います。大的中ゼミを倉敷校で受け始め、ライバルが多くいるため、負けられないと思い、解き直しをして何とか周りに食らいついていました。受験が近づくにつれ、今まで以上に焦りと不安を感じ、ひたすら問題を解いて分からない所は先生に聞き、時に励ましてもらい、先生方には感謝しかありません。無事合格し、先生たちに笑顔で報告できたことが本当にうれしかったです。志望校を変えるタイミングは何度もありました。でも、自分の決めた進路、意思を貫き通した事で後悔のない結果となりました。自分の意思を大切に、志望校合格に向けて頑張ってください。

  • 玉島高校

    18goukaku1733691987

    体験記を読む

    18goukaku1733691987

    玉島高校

    私は中3になってもなかなか受験生という自覚がありませんでした。夏休みになって、そろそろ勉強をしないといけないと分かっていてもやる気になれず、もったいない時間を過ごしてしまいました。その中で受けた模試では、思うような結果が出ず、私自身とても驚きました。この結果を受けて、私は初めて受験に対して本気で取り組もうと決めました。 勉強をしていくと、苦手な問題や分野がたくさん出てきてとても焦りました。自分に自信が持てなくなってきて、何度もくじけて泣いてしまったこともありました。しかし、そんな時でも塾の先生方は、いつも優しく助けてくださり、おかげで少しずつですが、自分の心が強くなっていったような気がしました。テキストを何回も解いていくと、分からなかった問題でも、理屈が分かって解けるようになりました。 合格発表の日の前日、不安ばかりが募り、夜もなかなか眠ることができませんでした。しかし次の日、高校に行って自分の番号を見つけた時の感動は言葉では言い表せないくらいすごかったです。 志望校に合格できたのは、先生や家族、友達が支えてくれたおかげです。つらいことは数え切れないほどありましたが、努力は本当に報われるということを実感しました。鷗州塾に入って本当に良かったです。高校でも頑張ります!

  • 岡山朝日高校

    18goukaku1433410980.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1433410980.jpg

    岡山朝日高校

    私は小5の時に入塾しました。授業の面白さ・先生の楽しさに衝撃を受け、毎回の授業が楽しみでした。それは私が開智学館に入ってからも同じでした。よりレベルの高い授業と仲間に刺激を受け、ともに学んだ思い出は今でも鮮明に覚えています。  中学へは内部進学だったので、初めて体験する高校受験の実感がわきませんでした。入試を大きく意識しだしたのは中3の秋になってからでした。そのため時間に本当に追われる受験生活を送りました。中3の夏に、塾を少し休みがちになってしまった時、開智学館の先生方が救ってくださっていなければ、今の私はなかったと本当に思っています。先生方には感謝の言葉しかありません。勉強面だけでなく、人間としての道徳面のことでも教えてくださり、自分を成長させることができました。本当にありがとうございました。  私は受験の実感を持ち、そして効率のよい勉強をすることが大切だと思います。それらは高校に入ってからも、そして大学受験のときにも役立つと思います。どうしたら時間を有効活用できるかが私の課題でした。効率を考えて、気分転換もしながら、合格を目指してください。最後になりましたが、鷗州の先生方には本当に感謝しています。ありがとう鷗州!!

  • 岡山朝日高校

    18goukaku1433410157.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1433410157.jpg

    岡山朝日高校

    私は小5の春期に入塾しました。当初は授業の難しさ、宿題の多さに受験の厳しさを感じました。大変なスケジュールで疲れてしまうこともありましたが、塾を続けることができました。  中学生になって学校の課題も増え、より忙しくなり、学校のことも塾のことも中途半端になってしまう時期がありました。しかし目標を下げてしまうのは嫌だったので、それまでよりももっと努力しました。  中3になって開智学館に入りました。中2のときは選抜テストであと一歩のところで届かず、とても悔しい思いをしました。まだ受験生ではないから、という甘えた考えが招いた結果だと思います。次は絶対に受かるという気持ちで選抜テストに臨みました。授業を受け始めてみて、想像以上の難しさに驚きました。解説を受けないと手も足も出ない問題がたくさんありました。しかし先生方の丁寧な補習のおかげで他のメンバーとの差を確実に小さくしていくことができました。1週間のうちのほとんどが塾で、疲労がたまるときもありました。それでも先生の面白い授業、支え合える仲間がいたから、頑張れました。受験の日もいつもどおり、先生が話しかけてくれたので、力を出し切れました。最後になりましたが、塾の先生方、今まで支えてくださり、本当にありがとうございました!

  • 岡山朝日高校

    18goukaku1233113487.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1233113487.jpg

    岡山朝日高校

    私は中2の時にAIC鷗州開智学館へ入りました。最初は授業のスピードの速さに驚き、ついていくのがやっとでした。大変だと思いながらも新しい知識をたくさん得ることができ、楽しかったです。 私が受験を意識し始めたのは中3になった時です。先輩方の合格実績を伺い、プレッシャーを感じたことがきっかけでした。特に夏期講習会や冬期講習会の間、勉強を頑張りました。ほぼ毎日自習室へ行き、授業の復習をしたり、受験高校の過去問を解いたりしました。自習室はとても集中でき、先生に質問しやすいのでおすすめです。また、英語と数学を勉強するようにしました。これらは他の生徒と得点の差をつけやすいからです。英語は2つの大事なことがあります。1つ目は文法を正確に覚えることです。これはどんな問題を解くときも必要です。2つ目は、単語をたくさん覚えることです。長文問題を読むスピードがとても変わります。数学は、間違い直しノートを作ることが大事です。解く時のポイントが分かり、そのノートが自分の自信にもつながります。そしてこの2教科は、毎日問題を解くことが何より大事です。 努力して勉強を頑張った日々は一生の宝物になります。最後まであきらめず頑張ってください。最後になりましたが、いつも支えてくださった先生方、友達、先輩、後輩の皆さん、本当にありがとうございました!

  • 岡山朝日高校

    18goukaku1433455080.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1433455080.jpg

    岡山朝日高校

    私は小5の時、入塾しました。そして中学受験をしましたが、本命の学校で不合格となったので、朝日高校を受験しようと中学入学時から考えていました。  私は英語と数学がとても苦手でした。しかし私には授業以外で勉強しようという気持ちはありませんでした。中2になるときにクラスが開智に変わり、進度がとても速くなりました。宿題はありませんでしたから、不安はなくなりました。しかし苦手だった英語と数学はますます分からなくなっていました。入試演習を行うようになって、先生から個別にアドバイスをもらうようになり、私は気持ちを入れ替え、本気で勉強をするようになりました。解いたままの問題をやり直したり、単語テストの単語はもちろん、問題に出てくる知らないものも覚えたりしました。また分野ごとの解法、考え方をまとめたり、重要なフレーズを暗記カードにしたりするなど工夫をしました。授業では毎回張り出される英単語ランキングで上位に名前を載せたいと頑張ったり、先生にあてられた英文の和訳に答えられなかったときには、改めて勉強しようと思う機会に変えたりしました。入試の日には緊張しましたが無事合格することができました。  最後になりましたが、支えてくれた両親、先生方、そして切磋琢磨し合い目標となった開智のメンバー、ありがとうございました。

  • 岡山朝日高校

    18goukaku1433375225.jpg

    体験記を読む

    18goukaku1433375225.jpg

    岡山朝日高校

    私は先生にすすめられて何となく選抜テストを受け、何となくAIC鷗州開智学館に入りました。当初は勉強も、これまでと同じように無理なくできる程度でいいと思っていました。授業の密度や周囲のレベルの高さに圧倒されながらも、そこそこの順位は保てていました。そのせいか、なかなかエンジンがかからず、本気で勉強を始めたのは中3に入ってからか、下手すると夏休みだったかもしれません。 しかし、そのあたりからクラス内でのランキングや周囲の勉強量などから、さすがに危機感を覚え始めました。そして英語の文法・単語・連語の暗記や数学の入試演習の解き直しをまじめにするようになりました。 今振り返れば、勉強に裏道はないということを思い知らされます。受験会場では、地道な努力と気力と万全の準備しか自分を助けてはくれません。しかし逆に言えば、それさえあれば、自信を持って受験当日を迎えることができるはずですし、おのずと良い結果もついてくることでしょう。 私にとって開智学館で過ごした2年間と勝ち取った合格は、貴重な体験になりました。開智の先生方や仲間たち、そして自分を支えてくれた家族に、いくら感謝してもし切れません。本当にありがとうございました。