その他の難関国立大 合格体験記

北海道大学 水産学部 現役合格

島田 康平[岡山操山高校]

僕は高1の時、勉強をしていなかったので、高2の時から取り戻そうと勉強を頑張りました。高2からは塾で理科の講座も増やしたので、週4日も岡山駅前校に足を運ぶことになり、家が遠い僕には苦痛でした。しかし、勉強しようという気持ちは持っていたので、塾の内容を復習していくうちに成績が上がり、うれしかったです。塾は、ただ通って授業を受けているだけではダメなんだと知りました。大学では、受験で頑張ってきたことを生かして、これからも勉強していきたいと思います。ありがとうございました。

東北大学 法学部 現役合格

中山 悠真[岡山大安寺中等教育学校]

僕は大学受験を乗り越える上で特に大切なことが2つあると思います。1つ目は、共に頑張る仲間をつくることです。仲間は部活でもクラスメイトでも塾の友達でも、誰でもいいですが、自分の弱点を補える人がおすすめです。仲間が頑張っている様子を見て、「自分も頑張ろう」と思えます。2つ目は、志望を高く保つことです。受験直前はたくさん模試があって時には悪い判定や、思うようにいかない結果に悩むこともあると思います。しかし、そこであきらめずに勉強を続けた人だけが合格をつかみ取っているような気がします。しっかりとした目的意識をもって勉強に取り組み、本番に余裕をもって臨むことができれば、合格はもう目の前です。

東京工業大学 第7類 現役合格

土井 知哉[AICJ高校]

私が鷗州に通って良かったことは、尊敬でき、相談しやすい先生方に出会えたことと、意識の高い仲間たちに出会えたことです。模試でうまくいかなかった時、鷗州の先生方は親身になって相談に乗ってくださいました。また、勉強する気分になれない時も、他の塾生が自習室で必死に勉強している姿を見て、モチベーションを保つことができました。後輩へのアドバイスとしては「絶対に授業を休まない」ことです。鷗州の授業は、教材が洗練されており、なおかつ先生方が要点をコンパクトに伝えてくださるので、本当に実力を伸ばせます。これから大学生になりますが、新たなスタートラインということを忘れず、勉強に励んでいきたいと思います。

一橋大学 社会学部 現役合格

宮本 千聡[広大附属高校]

鷗州の良い点は、質問に行きやすい環境が整っている点で、些細な質問もためらわずにできます。制限もないので、私は2時間ほど質問することもありました。また、授業以外の日に特別に時間を設けてくださることもあり、志望大学に合う勉強ができました。鷗州には生徒のやる気を増長させる制度がたくさんあり、私は高3になるまでは特待生・赤門会生を目指していたため、勉強する習慣が身につきました。また、自習室を利用して、切磋琢磨し合う友人を見つけることは勉強の励みにもなるので、後輩の皆さんも、ぜひ励みとなるものを見つけてください。私も大学入学後は、国際社会で生きていくための努力をし、外国人留学生と仲良くなって、その励みにしたいと思います。

一橋大学 経済学部 現役合格

安部 達貴[広大附属福山高校]

僕は高3から数学と国語を受講しました。鷗州に通うまでは、僕は、問題をなんとなく解いていただけでした。しかし、鷗州に通うようになってからは、論理的に問題を紐解く力がついてきました。このように変わることができたのは、先生方が、問題に対する思考法や解答の根拠を、1個1個丁寧に教えてくれたからだと思います。さらに、授業外でも、授業に関係のないことまで親身になって相談に乗ってもらい、本当に助けになりました。本当に本当に鷗州に来て良かったと思います。最後に、授業で習った内容をフルに活用するためには、必ず、そしてなるべく早いうちに授業の復習をすることが欠かせないと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

名古屋大学 医学部(保) 現役合格

井田 理菜子[岡山城東高校]

鷗州に通塾して良かったことは、教科ごとに重要な問題を効率良く学べたことです。数学・物理では典型的な問題を扱い、多くの問題に対応できるようになりました。特に化学では、私は知識をただ暗記することが苦手だったので、先生が話した内容や教えてもらった語呂合わせを覚えるようにすると、より早く定着させることができました。英語では、ただ話を聞いて答えを確認するのではなく、早く読むコツや、答えをより良いものに直していくことを教えてもらい、センター試験の得点につなげることができました。授業中の先生の話は部活で疲れていても、頑張って聞いてください。そうすれば必ず合格という最高の結果につながります。

お問い合わせ・申し込み お問い合わせ・資料請求