医学部医学科 合格体験記

千葉大学 医学部(医) 現役合格

麻生 絢斗[広島学院高校]

鷗州の一番良いところは、授業のレベルが高いところです。その分ついていくのは大変でしたが、分からないことを質問すると、満足のいくまで答えてもらえたので、とても役立ったと思います。先生はどんなことを質問・相談してもしっかりと答えてくれるので、何か困ったことがあったらためらわずに質問したら良いと思います。僕は医学部に進学し、社会に貢献できるような医師になりたいと思っていますが、それだけではなく、ボランティアなどいろいろな形で社会に貢献できるように頑張っていこうと思います。今の僕があるのは、僕を支えてくれた家族や先生のおかげだと思っています。ありがとうございました。

岐阜大学 医学部(医) 現役合格

同前 友季子[岡山大安寺中等教育学校]

鷗州に通塾して良かったことは、丁寧な進路指導を受けることができたことです。今の自分のレベルを把握したうえで、信頼できる先生方が、多くのデータを元に的確な指導をしてくださるので、とても参考になりました。また先生方がとても面白く、気さくで、相談しやすかったことも大きかったと思います。また、自習室では全力で勉強する人々に囲まれて勉強することができたことも良かったです。自分の意欲を高めることができました。鷗州に通ったのは1年ほどですが、第一志望に合格することができたのは鷗州のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。後輩の皆さんも先生を信頼して1つ1つの授業を大切にして頑張ってください。

神戸大学 医学部(医) 現役合格

太田 侑吾[慶進高校]

神戸大学医学部に合格しました!後輩たちへのメッセージとして、理系の人は知っておきたい、受験勉強の肝である理科について書きます。理科は現役生にとって遅れがちであると思います。しかし、いくら焦っているからといって、いきなり問題を解き始めるのはNGです。まず、公式や化学反応式などの暗記項目を完璧に覚えましょう。頭に何も入っていない状態で問題集に手を出すのは非効率です。暗記してから問題を解くと、スピーディーかつ質の高い勉強ができます。問題を解きながら覚えようとする姿勢はすぐに捨ててください。このことは他の教科にも当てはまると思います。勉強は効率がすべてではないですが、効率の良い勉強をしないと合格は勝ち取れませんよ。

岡山大学 医学部(医) 現役合格

北川 翔一[広大附属福山高校]

鷗州に通塾して良かったことは、質の高い授業を受けることができたことだと思います。僕の担当だった先生の経歴は、受験業界の中でもすごい人ばかりで、そのような先生の授業を受けることができ、自分の学力を向上させ、高校・大学受験ともに自分の第一志望に合格することができたのだと思います。これから受験を迎える後輩には、鷗州の授業の1回1回を大切にし、分からないことは積極的に質問し、自分のものになるまで、努力をやめないようにしてもらいたいです。これから僕は、大学での勉強をこれまで以上に頑張り、多くの人の役に立つ医者になりたいと思います。中学の時には考えてもいなかった人生が、今僕の目の前に広がっています。これも鷗州のおかげです。

岡山大学 医学部(医) 現役合格

日高 直哉[広大附属福山高校]

僕は、小5から8年間鷗州に通塾してきましたが、鷗州の授業は、先生の話も面白くて分かりやすいし、テキストの問題も新たな発見がある問題ばかりで、とてもためになりました。授業の復習は、ぜひ毎回やってほしいです。あとは、勉強を受験モードに切り替えるのは、早ければ早いほど良いです。入試問題の難しさを体感し、今の自分がどのように勉強していけば辿り着けるのか、長期的な計画を立てることが有効だと思います。問題集は1冊ずつ完璧にすることが大事ですが、何冊完璧にできるかも大事だと思います。受験生としての期間はあっという間かと思いきや、意外と長いです。やりたい勉強をする時間は十分にあります。高校生活を悔いのないように過ごしてください。

岡山大学 医学部(医) 現役合格

山本 泰行[倉敷天城高校]

僕が鷗州に通塾して良かったと思うことは、自分以外の人が頑張っている姿を見て刺激を受け、勉強のモチベーションを高く保つことができたことです。家で1人で集中して勉強するのが苦手な人はとても多いと思うので、塾に行って刺激を受けるといいと思います。また、受験を通して僕が一番感じたのは、数学の大切さです。もちろん全教科大切ですが、数学が一番他人と差がつく教科だと思うので、数学が得意かどうかというのは合否を左右する要素の1つだと思います。だから、後輩の皆さんは、数学の対策を早めにして、得意教科にしておくことをオススメします。医学部は合格してからも大変なことが多いと思うので頑張ります。

岡山大学 医学部(医) 現役合格

薮本 純平[広大附属福山高校]

鷗州に通う最大の利点は、学習進度が他の塾や学校よりもかなり速いことだと思います。このおかげで、高2までにほとんどすべての学習範囲を済ませ、高3は復習や演習のみに時間をあてることができます。だから、勉強しきれなくて受験に間に合わないといったことが、起こりにくくなります。センター対策を始めるタイミングや割合としては、高3の11月下旬までは二次7割センター3割、12月は二次3割センター7割、1月はセンター10割くらいがちょうど良く感じました。センターが苦手な人は割合を増やしても良いです。また二次対策は、特に医学部の人は、とにかく基本的な内容は絶対解けるように、重点を置いて勉強することが大切だと感じました。

岡山大学 医学部(医) 現役合格

川上 弘夢[岡山大安寺中等教育学校]

私は鷗州に通って、良い仲間・良い先生方に出会えました。仲間とは、お互い切磋琢磨して高め合えたし、先生方は親切かつ丁寧にいつでも私を支えてくれました。また、1週間のうちで決まった曜日、決まった時間に授業があり、授業がない日でも自習室で勉強できたので、勉強をする習慣が身につき、学力の向上につながりました。私は野球部で、いつも部活が終わるとすぐ塾に行くようにしていました。後輩の皆さん、特に部活をしている人は、塾をうまく活用して勉強時間を増やすようにしてほしいです。また、1回1回の授業を大切にすることも忘れないでほしいです。私はこれから大学でしっかりと学び、将来は立派な医師になりたいと思います。

広島大学 医学部(医) 現役合格

西丸 遥菜[広大附属福山高校]

鷗州の先生はとてもフレンドリーなので、塾に行くのが楽しみだったし、質問をしに行きやすかったです。また、鷗州は授業の進度が速い上に宿題が少なめなので、復習が必須でしたが、そのおかげで最後まで部活を続けることができ、体育祭の應援団の団長をすることもできました。そして、何より第一志望である広島大学医学部医学科に合格することができました。鷗州では、自分のしたいことに時間を割くことができます。受験生の時は、その時間を「自分がしたい問題・分野に取り組む時間にあてる」ことをアドバイスします。将来、患者さんの気持ちに寄り添えるリハビリ医になれるように頑張ります。

広島大学 医学部(医) 現役合格

荒田 航希[広大附属高校]

僕は1人で勉強することが苦手で、家で勉強することはほとんどありませんでした。そんな僕でも、鷗州に来ると一緒に勉強する仲間がたくさんいて、その人たちと競い合うことでモチベーションがとても上がりました。これは鷗州に来て一番良かったと思えることです。こんなに良い自習室や周りの環境を活用しない手はありません。「受験は団体戦」とよく学校などで言われますが、本当にその通りだなと思いました。皆さんも1人でも良いので、競い合える友達を作って切磋琢磨してください。僕は大学に入ってからそういう友達を作って、いろいろな新しいことに挑戦したいと思います。まずは友達づくりを頑張ります。

広島大学 医学部(医) 現役合格

藤原 健晋[岡山高校]

鷗州に通塾して良かったことは、レベルの高い他の学校の人たちと互いに競い合い、高め合うことができたことです。やはりレベルの高い人たちからの影響を受けることは、とても大切だと思います。もう1つは、レベルの高い授業にあると思います。どんな難問に出会っても、屈することなく立ち向かえるようになったと思います。鷗州には、感謝しても感謝しきれません。今の私は、鷗州あってこそです。本当にありがとうございました。最後に、後輩のみんな!勉強に対して受け身にならずに、積極的に自分から学ぼうとしてください。受け身では、成績は伸びません。また、日々努力して、成績を伸ばすだけでなく、運も手に入れてください。受験は運だ!

香川大学 医学部(医) 現役合格

新屋 裕大朗[岡山大安寺中等教育学校]

僕は小6の時から7年間という長い間、鷗州に通いました。中学受験の時から大学受験まで、ずっとお世話になりました。志望する学部に合格できたのは、真剣に自分の進路について考えてくれた先生のおかげです。正直に言うと、高3の春の時点では医学部に入るのは夢みたいな成績でした。でも、カウンセリング担当の先生が一緒に悩んで支えてくれたおかげで、あきらめずに志望校に向かって突っ走ることができました。また、どの科目の授業も丁寧であり、日々成長できていると実感できました。応援してくれる先生をしっかり頼って、一緒に勉強する仲間と共に、最後の最後まであきらめずに頑張ってください。奇跡は起こります!

香川大学 医学部(医) 現役合格

長嶋 ひなた[広大附属福山高校]

私が鷗州に通塾して良かったと思うことは、受験に特化した授業を受けられたことです。学校では進度の問題で、非常に短時間で終わらせなくてはいけないところを、塾では、「なぜそうなるのか」「どんなふうに反応が起こるのか」など、詳しく理由と一緒に教えてくれます。私は結局、推薦で合格したので二次を受けてないのですが、塾の詳しい授業のおかげで、小論文を特別な対策なしに書けるようになりました。塾は問題演習が主だと思われがちですが、優秀な先生方の授業は、とても分かりやすかったです。アドバイスというとおこがましいですが、苦手な教科は早いうちから塾で習うのが良いと思います。頑張ってください。

香川大学 医学部(医) 現役合格

検校 一聖[倉敷天城高校]

鷗州に通って良かったことは2つあります。1つは授業のレベルが非常に高かったことです。目指す大学のレベルが高ければ高いほど、学校の授業だけでは不十分になります。その点、塾では自分の志望に合った授業を受けることができました。先生方はその道何年ものプロですので解説も分かりやすいです。もう1つは、勉強をする環境が良かったことです。同じ講座を受けている生徒はみんな自分と同等かそれ以上の学力の持ち主です。そのような人々に囲まれるのは非常に良い刺激になりました。成績優秀者にはさまざまな優待があるので、それを狙うのも良いと思います。最後になりましたが、復習を大切にしてください。人は、1回見ただけでは記憶できません。反復することを習慣にしましょう。

山口大学 医学部(医) 現役合格

縄田 開吾[慶進高校]

私は小6の時から鷗州にお世話になりました。信頼できる先生方や一緒に通塾した仲間たちのおかげで、7年間楽しく勉強に励むことができました。その中でも高1からの3年間は、現役合格するにあたり、とても重要な3年間でした。私は高1の時に英語をほぼ完成させ、高2・高3の時は勉強時間のほとんどを数学・理科に費やしました。何か1つでも誰にも負けない科目をつくれば、現役合格がかなり近づくということを実感しました。好きな科目から手をつけることをおすすめします。最後に、私は後期で合格したのですが、それまで精神的にきつかったです。そんな自分を支えてくれた家族、友人、先生に恩返しするつもりで、これからの人生を切り開いていきたいです。

山口大学 医学部(医) 現役合格

多久島 大二郎[修道高校]

鷗州に通塾して良かったことは、英語の能力を飛躍的に上げることができたことです。高1まではまったく勉強しておらず、英語の長文がまったく読めませんでしたが、鷗州に通って予習・復習をすることにより、着々と英文を読む能力をつけることができました。英作文は復習に力を入れ、授業を消化することで、日々英作文の能力が上がっていくのを実感できました。また、自習室は机が広く快適で、勉強するには最高の環境でした。これからは、大学で医師として必要な技術・知識を身につけるのはもちろんのこと、部活動に入り、友達を作り、コミュニケーションをの取り方なども学びつつ、地域に根づいた患者に信頼される医師となりたいと思っています。

山口大学 医学部(医) 現役合格

若佐 理菜[宇部高校]

私は高3から鷗州に入塾しました。高校での学習範囲はとても広く、どこから手をつけたら良いのか分かりませんでした。鷗州の授業では、出題されやすい項目を中心に演習を行うスタイルで、その軌道に乗ってスムーズに学習を進めていくことができました。学校の授業では習わなかったことも学び、とても役立ちました。また、週1回の授業だったので、課題などに追われ、消化不良になるということもなく、授業の復習に十分取り組めました。分からなかったり、解けなかったりした問題から、目をそらさずに向き合うことが非常に重要であり、合格への近道だと思います。受験勉強には体力・精神力も大切です。最後まで絶対にあきらめないで、合格を勝ち取ってください。

山口大学 医学部(医) 現役合格

上杉 将平[AICJ高校]

高3の春から1年間通塾しました。理科と日本史を受講していたのですが、初めのころはあまり成績が良くなく、特に理科は不得意科目でした。それでも、毎週の授業を受けて、納得のいかない部分や分からなかった部分を復習していくうちに、だんだん成績が伸びていき、夏には理科も社会も得意科目となり強力な武器になりました。その後は、細かい部分の補強や、センター対策・二次対策に力を入れました。自分は自習室を頻繁に活用していたのですが、入試を終えた今、受験勉強をしていた当時を振り返ると、鷗州の自習室はとても良い環境で、質問への対応も充実していて素晴らしい場所だと思います。皆さんもぜひ鷗州の自習室を活用してください!!

島根大学 医学部(医) 現役合格

大石 知弥[基町高校]

鷗州には8年間お世話になりました。鷗州には、常に笑顔で、熱心に指導してくださる先生方や、高い目標を持ってお互いに切磋琢磨し合える仲間がいて、自然とモチベーションが上がりました。また、教材も最高です。どの教科の教材も、良問と分かりやすい解説がついていたので、ほとんど鷗州の教材でしか勉強しませんでした。鷗州合格必達個別ゼミは、先生との距離が非常に近く、どんな質問にも先生が丁寧に答えてくださり、とても良いです。後輩の皆さん、鷗州の先生と教材と自分を信じて最後まであきらめず努力すれば、必ず結果がついてきます。私が現役合格できたのは、鷗州での努力の積み重ねと、支えてくれた先生方のおかげです。生活リズムも大切にして、頑張ってください。

島根大学 医学部(医) 現役合格

中﨑 奈々恵[広大附属高校]

私が感じた鷗州の良いところは、質の良い授業と、いつでも質問や相談にのってくれる先生たちがいるところです。私はすべての教科を受講していたのですが、1年間で5教科だけでなく実技教科の成績の伸びも実感することができました。落ち込んでいる時に何時間もお話を聞いていただいたり、小論文や面接指導をしていただいたり、苦手な物理は基本的なところから何度も何度も時間をかけて教えていただきました。どの先生も、いつでもこころよく引き受け、気づかいのある言葉をかけてくださったり、受験に役立つことをたくさん教えていただいたりして本当に感謝しています。鷗州の先生はどんなことでも親身になって支えてくださるので、皆さんもどんどん頼ってください。

島根大学 医学部(医) 現役合格

岡田 駿[基町高校]

鷗州は現役生対象の塾で、また難関大学や難関学部を志望する人が多くいるため、常に競い合える仲間がいて、とても張り合いがある塾でした。また、他塾よりも生徒と教師との距離が近く、分からない問題があると教師にすぐに質問できる体制が整っていたので、非常にありがたかったです。僕は結果的に推薦入試で島根大学に合格しましたが、前期試験で問われる二次力・記述力は普段の授業や添削指導を通して身についていたように思います。これから、憧れの医学部に入り、医者になるためのスタートラインに立つわけだが、このような結果になるよう導いてくれた鷗州には、感謝してもしきれません。ぜひ後輩にも鷗州で学び、最高の結果を残してほしいです。

鳥取大学 医学部(医) 現役合格

小池 恵実琳[広大附属福山高校]

中学受験の時は塾を利用していなかったため、塾に行く理由が見出せないまま、鷗州に通うことになりました。そんな中、まず気づいたのは、入試に必要な土台が作れるということです。普段家で勉強することのない私にとって、たった週1しかない授業が基礎力をつけてくれたことは大きかったと思います。また、学校よりも速い進度で無理なく授業が進められるので、塾で予習し、学校の授業で反復する、というサイクルができたことで、より深く理解ができました。また、塾のテキストは要点がまとめられているので、何か試験がある時は必ず持っていきました。塾のノートも参考書代わりにしました。塾と学校で得たこと・ものを最大限活用すれば、絶対に合格できるはずです。頑張ってください。

鳥取大学 医学部(医) 現役合格

田嶋 晃子[岡山高校]

私は、高2の夏から鷗州に通い始めました。鷗州に通塾して良かったことは、早くから二次試験を意識した問題をたくさん解くことができたことです。鷗州のテキストには、自分からは進んで解かないような東大・京大の過去問も多く入っていて、演習を積んでいくことで自信にもつながりました。また、自習室や普段の授業で他の学校の同級生が自分よりたくさん勉強している姿を見て、勉強のモチベーションを上げることができたと思います。センター後は、自分の得意な教科の点が伸びず、現役合格をあきらめそうにもなりましたが、最後まで自分を信じて鷗州に通い続けたからこそ、今の自分があると思います。2年間お世話になった先生方、本当にありがとうございました。

徳島大学 医学部(医) 現役合格

佃 直行[広大附属高校]

鷗州に通塾して良かったことは2つあります。1つ目はお互いを高め合う友達がいたことです。その友達が自習室にいない日があると妙な感じがしました。そして、その友達と問題を出し合ったりして競争していました。そういう友達を1人でもつくってください。必ずあなたの伸びにつながります。2つ目は気軽に質問できる先生がいたことです。分からないところはそのままにせず、先生に質問してください。後輩へのアドバイスは、早めに志望校を決断して「受かりたい」という気持ちを持って勉強することです。僕は高3になってから毎日自習室に行くようになりました。もっと早い方が良いです。頑張ってください。

徳島大学 医学部(医) 現役合格

押方 遼人[岡山大安寺中等教育学校]

人間1人だと、勉強したくないときがどうしてもあります。そういうときでもキチンと怠けずに勉強できるというのは、塾に通う大きなメリットだと思います。その中でも鷗州はより自身を高い次元に導いてくれる塾だと確信をもって言えます。受験勉強では「過去にやった問題を8割以上解けるように」というのを目標にしていました。一度やったことというのは簡単そうに思えるし、実際一度も見てないものよりは簡単なのでしょうが、実力テスト、模試、過去問のみならず、学校の定期テストでさえ解き直し、8割というのは思ったよりも難しいです。分かっているつもりというのは受験の最大の敵です。後輩の皆さんどうかお気をつけて。

鹿児島大学 医学部(医) 現役合格

矢原 誠志[広大附属高校]

自分が鷗州に通塾して一番良かったと思うことは、同じ目標を持った仲間たちと、自習室で一緒に勉強し、時には談笑し、共に高め合えたことです。自習室に行けばそこにはいつも友達がいて、自分のやる気がなくなったときでも、いつも自分のモチベーションを上げてくれました。また1階に行けば、どんなことでも親身になって話を聞いてくださる先生がいて、疑問に思ったことをすぐに解決することができました。鷗州は、勉強だけをするための場所ではありません。友達と共に刺激し合い、先生に相談に乗ってもらい、人間として成長できる場所です。勉強が大変になった時、支えてくれる人たちの存在を常に忘れずに頑張ってください。

自治医科大学 医学部 現役合格

海江田 晃輝[岡山操山高校]

私は部活動や学校行事に力を入れていたので、本格的に受験勉強を始めたのは高3の秋でした。これは他の生徒と比べると遅い時期でしたが、それでも合格できたのは鷗州のおかげだと思います。鷗州では厳選された良問を解くことができ、先生がたの授業・解説は非常に分かりやすいです。そのため、基礎的な内容はもちろんのこと、発展的な内容についても深く理解できました。ただし、ただ授業を受けるだけではなく、授業内容をしっかりと復習しておくことが重要となってきます。これをするのとしないのとでは、実力の伸びに大きく差が生まれます。不安になったり、悩んだりすることもあると思いますが、頑張ってください。応援しています。

防衛医科大学校 医学教育部(医) 現役合格

石井 宏治[岡山高校]

鷗州の良いところは授業の質だけでなく、勉強をするのにベストな環境を提供してくれるところだと思います。自室にこもって自学・自習するという習慣のない私がしっかり受験勉強できたのは、空き教室や自習室の存在が大きかったです。授業のない日も毎日放課後に通い、夜9時ごろまで居座りました。日曜日も朝から夜までお世話になりました。他校の人の目があり、勉強せざるを得ない雰囲気だったので、とても集中してできました。また1階で質問対応してもらえたのも、うれしかったです。受験生活の中で、さまざまな人にお世話になりました。この時期こそ、周りに支えられていることを自覚できる時だと実感しました。感謝を忘れず頑張ってください。

お問い合わせ・申し込み お問い合わせ・資料請求