京都大学 合格体験記

京都大学 法学部 現役合格

森川 門音[広大附属福山高校]

僕は小学生のころから通塾していたので、馴染み深く、顔ぶれも変わらないので落ち着いて楽しく通塾できました。先生方も親切で授業が分かりやすく、成績向上に大いに役立ちました。また、高1の夏から自習室も積極的に活用しました。授業がない日も塾に足を運ぶことで、勉強の習慣がつき、同じ大学を目指す周囲の仲間や先輩方からモチベーションをもらえました。後輩の皆さんも、このアットホームで勉強にはうってつけの環境を最大限に活用し、周囲の仲間と切磋琢磨し、やり切ったと胸を張って言える1年にしてください。僕も受験勉強を通して培った力をこれからも発揮し、京都大学で出会う新たな仲間たちと互いを高め合って、目標達成に向け突き進みます。

京都大学 工学部 現役合格

西川 さくら[AICJ高校]

大学受験に精通している先生方の授業を「生」で受け、その先生本人に相談や質問ができたのはもちろん、他の高校の同級生たちと同じ空間で勉強できたことが、塾に通って良かったことだと思います。鷗州では、志望大学が異なる人たちとも同じ授業を受けるので、多様な入試問題を解くことができます。私も、前期試験本番の英語で予想とは異なる問題に直面した時、塾で他大学の過去問を解いていたことで、何とか解答を作ることができました。また、受験勉強中にふと無気力になってしまった時は、塾で同級生が勉強する姿を見て、また頑張ろうと思うことがよくありました。今、受験に向けて努力している皆さんも、そんな仲間と共に頑張ってください。

京都大学 工学部 現役合格

萩原 秀晃[広大附属福山高校]

僕が鷗州に通塾して一番良かったと思ったことは、早めに学習を進めてくれることです。大学受験の範囲はものすごく広くて、自分で勉強したり学校の授業を受けたりするだけでは学習もれが生じたり、最後の単元まで間に合わなかったりしてしまいます。しかし、鷗州の授業では高2までで大体の範囲の学習が終わるので、高3では、じっくり苦手なところやセンター試験や二次試験の対策に取り組むことができます。そのため、鷗州に通うことで他の現役生と比べて大きなアドバンテージを得ることができます。また、先生方の丁寧な添削のおかげで、自分の苦手なところを明確に知ることができました。大学では工学を中心にさまざまなことを学んでいきます。

京都大学 工学部 現役合格

西本 圭佑[基町高校]

鷗州では、先生方がポイントを絞って授業をしてくださるので、確実に力をつけていけると思います。後は、細かい部分を自分で調べてみたり、先生に質問したりして、積極的に学びを深めることが重要です。僕の場合は、基礎をしっかり固めるようにしました。基礎といっても「簡単な問題を解く」というものではなく、例えば数学や物理の公式の導出を自分で組み立てられるようにしていきました。こうすることで、ただ暗記するよりもしっかりと頭に知識が残り、応用するときも、自信を持って使うことができるようになります。入試が近づいても、焦ってやみくもに問題を解くのではなく、自分のできていない部分を把握して解くようにしましょう。

京都大学 工学部 現役合格

多々野 敦哉[岡山城東高校]

岡山まで通うのは少し遠かったけれど、その分多くの高校の人たちと共に授業を受けることができ、「負けられない」という気持ちを持って、より一層勉強に身が入りました。そして何よりも先生方がとても親切で授業も分かりやすいので、週何回かの塾の時間が、僕はとても楽しみでした。学校の授業とは一味違って各分野のより深いところまで学ぶことができるので、楽しく勉強できました。しかし、受験期にこれだけ勉強に集中できたのは、それまでの部活動や行事のおかげだと思います。それらを思いっ切り楽しむことで、いざ受験という時に自分の力を存分に勉強に注ぐことができると思います。だから、自分が今すべきことに全力で取り組んでみてください。

京都大学 工学部 現役合格

江本 洸海[岡山操山高校]

鷗州に通塾して良かったことは、自分1人では発見・習得しづらい知識が身についたことです。もちろん復習は必要ですが、質の高いテキストと先生方の授業により、効率的かつ効果的な勉強ができました。そういった環境の中、後輩の皆さんにはおごり高ぶらず、貪欲に知識を吸収してほしいです。謙虚さを失った時、人は周りが見えなくなります。私も模試でそこそこ好成績だった故に慢心し、本番は苦戦を強いられました。盲目的な自信を捨ててください。さらに、時間のない入試直前以外は、知識の取捨選択をし過ぎないようにしてください。知識はいつどこで役立つかなんて分かりません。総合的な知は、成功の道しるべになるはずです。私も、大学で今まで以上に勉学に励みたいです。

京都大学 工学部 現役合格

中原 雅文[倉敷青陵高校]

鷗州に入塾した目的は、学校での学習の補強と勉強時間の確保でした。高1では、高校準拠のクラスで基礎を固め、高2は「赤門会・医進」で発展的な内容を学びました。そして高3では、「旧帝大・医歯薬」のクラスで総合的に学び、学力の伸びを実感しました。高校入学当初は、学年150位くらいだったけれど、鷗州を信じ続けたことで成績が伸びました。問題数をこなすだけでなく、深い内容まで掘り下げた解説が、最も力になったと思います。あと、勉強のモチベーションを下げないためには、ある程度の趣味が必要です。僕の場合は、きらら系列のアニメでした。かわいい。あと、大学や入試の情報は早めに集めないと、直前で焦りがヤバイので注意してください。あきらめなければ夢は叶います。頑張ってください。

京都大学 工学部 現役合格

室山 大成[倉敷天城高校]

鷗州に通塾して良かったことは、各教科の理解を深めるきっかけを与えてもらえたことです。私は高2の時、国語の勉強に行き詰まり、鷗州に入塾しました。授業では、先生がポイントとなる点をたくさん話してくださり、「なるほど」と何度もうなずかされました。そのおかげで、国語に対する見方が変わって苦手意識もなくなり、「他教科の授業も受けたい」と思うようになりました。高3では英数国物化の5教科の授業を受け、先生方のご指導のおかげで、念願を果たすことができました。後輩の皆さんには、復習する“くせ”を早めにつけてほしいと思います。質の良い授業を受け、復習することで、さらなる実力アップが望めます。応援していますので、頑張ってください!

京都大学 工学部 現役合格

清永 敦生[広大附属高校]

私が京都大学に合格できた大きな理由の1つは、鷗州に通ったことでした。授業では、さまざまな大学の過去問の中から選ばれた特に重要な問題を解き、先生方が丁寧に解説してくださったので、授業とその復習だけで大きく力をつけることができました。また、共に学ぶ仲間はみな、レベルもモチベーションも高く、負けたくないと思えたので、努力を続けることができました。今後はまた新たな気持ちで幅広い分野に興味を持ちながら勉強を続け、世界に貢献できる人間になれるように努力したいと思います。後輩の皆さん、苦しいときもあると思いますが、そこでくじけないことが大切です。先生方を、家族を、そして自分自身を信じて頑張ってください。

京都大学 理学部 現役合格

岡本 光[広大附属福山高校]

鷗州に通って良かったことは、授業がとても分かりやすかったことです。復習をするだけで、確実に力がつきます。問題も良質なものばかりなので、とても効率良く勉強することができます。これを踏まえてのアドバイスですが、まず授業を受ける時に、自分の理解の足りないところを明確・簡潔にまとめ、家でしっかり解き直しましょう。漫然と復習するよりも、弱点を知って復習するほうが定着します。また、同じ問題を繰り返し解くことで応用力がつきます。結局は、いろいろな問題を適当にするよりも1問1問完全に理解したほうが伸びるんです。その点鷗州は課題が少ない分、自分で改善する時間が多くあり、自身の意欲次第で夢を実現できる塾だと思います。

京都大学 理学部 現役合格

三宅 悠季[岡山大安寺中等教育学校]

鷗州の優秀な先生方の授業は、京都大学合格に本当に役立ちました。国語の授業では、毎週の添削で答案を作成する力を磨くことができました。数学では、問題を解く上で重要な事項を学び、思考力を鍛えることができました。英語では、京大入試で重要となる和訳と英作文の演習を徹底し、近年出題されている説明問題と自由英作文の対策も十分に行ってもらいました。物理・化学では、ポイントを押さえた分かりやすい講義と良問を用いた演習によって、入試を突破するために必要な力を身につけることができました。京大合格は、鷗州のおかげです。大学に入ってからも、今まで学んだことを生かして頑張ります。後輩たちも、鷗州と自分を信じて最後まで頑張ってください。

京都大学 総合人間学部 現役合格

荒巻 智哉[広大附属福山高校]

僕は、部活を5月に終えてから、鷗州の自習室を二次試験の2日前まで毎日使い続けました。朝から夜まで開けてくれているので、いつでも使えるし、オープンな自習室なので試験スタイルに慣れることができ、ブース型よりも絶対いいと思います。センター試験の数学Ⅰ・Aでいろいろアクシデントが重なって40点しか取れず、さすがに絶望的かと思いましたが、あきらめずに二次までギアを上げて勉強し続けた結果、なんと合格することができました。どれだけお金を払ってたくさん講座を取っても、自分が能動的に勉強しないと成績は伸びないので気をつけてください。でも鷗州の日本史は手厚く、添削など親身になってくれるので、日本史は本当におすすめです!

京都大学 総合人間学部 現役合格

三上 陸太[基町高校]

僕は高校3年間鷗州にお世話になりました。中でも、「赤門会・医進SS」のみんなと授業を受けた高3の1年間は、大変貴重な時間でした。僕はそこで「このままでは落ちる」という色濃い危機感を持ちました。これは実は幸いなことで、もし危機感もなしにのらりくらりと勉強していたら、と思うとゾッとします。鷗州は先生方はもちろん、生徒もハイレベルです。実力の高い彼らに必死に食らいついていれば、自然と地力は引っ張り上げられます。残念なことに、奇跡は滅多に起きません。努力を積み重ね、仲間と切磋琢磨して高めた地力がものをいいます。日々の授業を大事にし、時には周りの人の力も借りながら、地力を伸ばしていってください。

京都大学 経済学部 現役合格

花谷 駿介[尾道北高校]

鷗州では、数学を主に指導していただいていました。数学では、普段学校で教わらない公式や解き方を習い、授業に参加することが楽しみになっていました。僕は数学が苦手で、京大模試では全問不正解になるほどでした。しかし、センター試験後、授業で習った問題を一気に全部解き直し、解法を頭に入れるようにする中で、だんだん過去問が解けるようになっていきました。日本史では、理解しにくい「流れ」などもすぐに理解できるようになり、どんどん頭に入っていきました。また、論述対策の添削でも非常にお世話になり、力がつきました。鷗州のテキストは非常に精練されているので、相当な力をつけることができ、本当に感謝しています。

京都大学 経済学部 現役合格

筒井 啓貴[修道高校]

鷗州に通塾して良かったことは3つあります。1つ目は、質の高い授業です。学校の授業よりも高難度の良問を扱い、素晴らしい先生が丁寧に指導してくれたおかげで、自身の学力が向上していくのが実感できました。2つ目は、一緒に学ぶ仲間です。周囲の仲間はとても頭の回転が速く勉強熱心な人ばかりで、その姿に日々感銘を受けていました。自分には解けない難問をあっさりと解いてしまうのを目のあたりにして、落ち込んだことも幾度もありました。落ちこぼれないよう懸命に努力したことが、合格に直結したと思います。3つ目は、集中できる自習室です。自分専用の座席を確保できて、静かな環境で効率良く勉強に取り組めたことは非常に良かったです。

京都大学 文学部 現役合格

高橋 くるみ[倉敷天城高校]

通塾して良かったことは、いろいろな大学の過去問をたくさん解けたことです。自分で勉強する時は、つい志望校の過去問ばかりやってしまいがちですが、塾の授業で国・公・私立問わずさまざまな大学の過去問を解くことで、どんなパターンの問題にも対応できる力を養えます。実際、私の第一志望校の入試では大幅な形式変更がありましたが、別の大学の似た形式の問題を塾でやっていたため、本番でも焦らず対応できました。また、授業や模試で出た問題は、必ず復習することをおすすめします。問題の根底にある知識を抽出して理解できるとなお良く、記憶にも残りやすくなります。勉強はやった分だけ力になると思うので、自分を信じて最後まで頑張ってください。

お問い合わせ・申し込み お問い合わせ・資料請求