広島大学 合格体験記

広島大学 薬学部 現役合格

中西 麻弥[基町高校]

私は中2の時に、鷗州に入塾しました。基町高校入学後は、塾での授業の復習を次の授業までにするよう心がけ、分からないところはすぐに先生に質問するようにしていました。そうすることで自分の苦手なところの理解を深め、成績の向上につながったと思います。高3になってからは、座席指定自習室を毎日利用しました。自習室では、家で勉強するのと違い、周りにも一生懸命頑張っている仲間がいたので、より一層「志望校に受かりたい!」という気持ちが強まりました。私は高校に入って、中学の時に最も得意だと思っていた英語に苦手意識を感じていましたが、塾の授業で習ったことや質問して得た知識で、一番高得点を取ることができました。大学でも頑張りたいです。

広島大学 理学部 現役合格

山本 貫太[呉三津田高校]

後輩の皆さんには、自習室を有効活用してもらいたいです。自分は家で勉強に集中できませんでした。しかし、自習室には頑張る仲間の姿があり、そんな姿に励まされながら、つらい時も共に乗り越えることができました。また、鷗州の授業の予習・復習をしっかりしてください。鷗州の授業では、受験で重要となる問題を厳選して授業をしてくださいます。確実に解ける問題を少しずつ増やしていくことが、合格につながっています。同じ問題を3・4回解くことも、効果的だと思います。受験が近づくにつれて不安になると思いますが、鷗州の先生を信じて、仲間と共に乗り越えて頑張ってください!きっと良い結果がついてきます!

広島大学 理学部 現役合格

山本 健太[基町高校]

塾に通うことの最大の魅力はやはり、学校では得られないものを得られるところだと思います。数学において、ある立体の体積をあるお菓子のように切断して考えるとか、英語において、前置詞ofは場合に応じて訳し変えるべきだとか、学校の授業だけでは得られなかったであろうことを、鷗州に通ったことで多数得ることができました。さらに、塾に通ったことで交友関係が広がりました。勉強が自分の弱点と向き合う行為である以上、弱みを共有できる仲間がいるのは本当に心強かったです。仲間との別れは寂しいですが、別々の大学で互いに頑張りたいです。最後に後輩の皆さん、どう生きても試験日は来ます。その時に後悔しないよう勉強してください。

広島大学 理学部 現役合格

髙橋 裕大[府中高校]

自分は鷗州に通ったことで、たくさんの友人と先生に出会うことができました。同じ学校でも話したことがなかった人とも、塾を通じて話すようになったし、頼もしい先生方にも出会うことができました。このようにたくさんの人に囲まれたおかげで、自分は最後まで頑張れたのだと思っています。ぜひ後輩の皆さんも、頼れる友人や先生を作って、一緒に頑張ってみてください。きっと一緒になって頑張った友人たちはあなたにとって大切な友達になるだろうと思います。自分は大学に行ってからも共に高校生活を過ごした友人や新しく知り合った友人たちといろんなことが待っている生活を乗り越えていきます。皆さんも頑張ってください。

広島大学 理学部 現役合格

福島 凪世[井口高校]

鷗州に通塾して良かったことは、自習室で集中して勉強できたことで、家で集中できない自分にとっては良かったです。また授業では入試によく出るものを分かりやすく解説してくれたので、とても効率良く勉強できたと思います。後輩へのアドバイスは、授業の復習をきちんとすることです。1回やっただけではすぐに忘れるので、忘れる前に復習して確実に解ける問題にしていくことが大切だと思います。また勉強法に関しては、塾の先生が教えてくれるやり方をとりあえずやってみて自分に合うものを探していけばいいと思います。大学生になったら、自分が今までやってこなかったことにチャレンジして充実した学生生活をおくりたいです。

広島大学 工学部 現役合格

兼田 直輝[海田高校]

私は6月に部活を引退し受験勉強を本格的に始めたのですが、集中して勉強できる空間が見つからないことに苦労しました。広島駅前本校の自習室は、意識の高い人たちと同じ空間で勉強できるので良い刺激になり、集中力を維持したまま質の高い学習を行うことができました。また、自分の目標としている大学よりもレベルの高い内容の授業を受けて二次力が伸びたことにより、センター試験でのミスを挽回できたのも鷗州のおかげです。私はあまり先生に質問しに行くことはありませんでしたが、分からない問題や疑問に思ったことは積極的に質問すると、自分で考えるよりもずっと理解が深まると思うので、先生に質問することをオススメします。

広島大学 工学部 現役合格

大倉 聡太[安古市高校]

僕の高校生活での1番の後悔は、学校への慣れもあって高2の時に勉強をさぼってしまったことです。そのせいで高3最初の模試は自分史上最低でした。このままではまずいと思い勉強を本格的に始めました。すると次第に模試の結果も良くなっていきました。しかし、センター試験では、直前の模試から70点以上も下がり人生初の挫折を味わいました。第1志望には出願できず、もうダメだとふさぎこんでいました。そんな時もう1度やる気を与えてくれたのは友達と鷗州でした。同じくセンター試験を失敗した友達と話していると勇気が湧いてきたし、毎日、安古市校で自習していたら、「これだけやって落ちたら誰が受かるんだ」というくらいの強い気持ちで本番を向かえられました。

広島大学 工学部 現役合格

宮本 大紀[舟入高校]

鷗州に通塾して良かったことは、学校では教えてくれない解き方を教えてもらえた点です。後輩へのアドバイスは、まず、生活リズムを整えてください。朝6時ごろには起きて、夜の12時には寝たほうがいいと思います。部活を引退した後は、午前中に4時間、午後7時間の合計11時間を目標に勉強するべきだと思います。僕は、家で勉強できなかったので、学校や公民館で勉強していました。学校は朝早くから開いていて、公民館は夜遅くまで開いているので、この2つの組み合わせがオススメです。あと、切替えが大事だと思います。僕は、家に帰るとテレビを見ていました。ずっと勉強し続けるのは耐えられないので、自分なりの息抜きを考えたらいいと思います。

広島大学 工学部 現役合格

菊地 颯太朗[呉三津田高校]

私が受験勉強に本気で取り組み始めたのは、部活が終わった5月ごろでした。高1・高2では、部活動にのめり込み正直まともな勉強は1つもできていませんでした。受験勉強を始める際、何をすれば良いか分からず、塾の先生に相談しに行きました。すると、「あの時に言われたことだ、なぜしていなかったのか」という後悔が渦巻きました。今もし、課題や授業を何も考えずこなしているならば、それは大きな誤りです。何年も受験の第一線で働かれている先生たちは、私たちの頼れる道案内人です。言われたことを素直にきちんとしていけば、必ず良い道が待っています。私がそれに気づいた時、受験はもう目の前した。高1・高2時の自分の醜態を後悔しながら勉強する受験生活を、迎えないようにしましょう。

広島大学 工学部 現役合格

山本 健二[徳山高校]

自分は、中学生のころは、勉強をする習慣がまったくついていませんでした。鷗州に通塾するようになり、勉強場所と、他クラスのライバルをつくることができ、勉強時間が増えたので、通塾して良かったと思います。アドバイスとしては、とりあえず高校に入学したらすぐに勉強の習慣をつけることを優先すべきだと思います。先生の中には「部活と両立してこそ高校生だ」などという人もいますが、今思い返せば、部活は友達作りにすぎなかったのかなと思います。また、高1のころから志望校を決めていたにもかかわらず、センター試験で点を思うように取れず、志望校を変えざるをえなくなって落ちこむこともあるかもしれませんが、意外と志望校のレベルを下げる人は多いので、頑張ってください。

広島大学 工学部 現役合格

北川 敬悟[基町高校]

僕が鷗州に入ったのは高2の秋、それまで苦手を放置してきた英語が「そろそろ危険なのでは?」と切羽詰まっての入塾でした。そうして入塾し、すぐに感じたのは予想以上の自身の実力の低さ!なんと学校の授業で習った内容のほとんどを忘れていました。そんな僕が選んだのは個別、先生とマンツーマンの形で教えてもらうコースです。初めは英語の基本、英文法を一から授業で総復習し、まずは平均レベルを目指しました。この時焦ってばかりだった僕に先生が「まだ間に合うよ」と言ってくれたのをよく覚えています。それから授業ごとに1つずつ英文法を完璧にし、微妙な手応えだったら即質問、先生からアドバイスをもらう、このサイクルで僕は無事合格できました。

広島大学 工学部 現役合格

木刀 悠斗[呉三津田高校]

ハイレベルな環境の中で仲間と切磋琢磨して勉学に励み、先生方の分かりやすい授業のおかげで理解を深めることができました。塾のテキストは1冊に重要な問題が厳選されており、部活などで勉強時間の確保が難しい生徒にとっても効率の良い勉強が可能になると思います。1日に勉強する内容の計画を立てて、同じテキストを繰り返し、答えを覚えるぐらいまで解き直し、確実に得点できる問題を増やしていくことが大切だと思います。受験期間には、友達とご飯を食べに行くなど、楽しみを作ることが大切です。私はこれから受験で培った事を生かし、将来の夢を実現させるために努力を続けて、勉学に励んでいきたいと思います。

広島大学 工学部 現役合格

岸本 竜輝[国泰寺高校]

僕は、センター試験で失敗し、レベルを1つ下げて前期試験に臨みました。実はその大学も、直前の判定ではボーダーぎりぎりのC判定でした。それでも自信を持って出願できたのは、鷗州で高1のころから積み重ねた二次試験力の自信と、先生方からの励ましの言葉でした。鷗州には、受験をするのに最高の環境が整っていました。いつでも快く質問を聞いてくれてアドバイスをしてくれる先生方や、広い自習室、そして互いに競い合える同級生、入試に出やすい問題が厳選されたテキストも、今ではとても心強い味方だったなと思います。後輩の皆さん、鷗州で勉強したことに自信を持って、現役合格に向けて全力で頑張ってください!!

広島大学 工学部 現役合格

大島 陸[呉三津田高校]

僕が鷗州を選んで良かったと思うことは、まず自習室の雰囲気・設備がとても良かったことです。高3の夏から座席指定の自習室を利用していましたが、自分の荷物を置けるうえに、とても静かで、同級生が必死で頑張っている姿に自分も影響されました。そして、分からないところがあったら、すぐにでも先生方に聞けたので、とても勉強しやすい環境だったと思います。また鷗州の教材は、基本の説明から発展内容まで分かりやすくまとまっていて、弱点は克服できるし、得意な科目は伸ばすことができるものでした。解答・解説も理解しやすく、自分で勉強を進めやすかったです。受験期はとてもつらく大変かもしれませんが、仲間と支え合い、たまには休息をとり、根気強く最後まで頑張ってください。

広島大学 工学部 現役合格

平田 朝陽[広大附属高校]

私は、中3の時に鷗州に入塾しました。鷗州の先生たちはどんな時でも親身になって相談に乗ってくださるので、とても心強かったです。私は、センター試験が思うようにいかず、第一志望の学部ではない学部に出願しましたが、その時にも「信じているよ」と、優しく背中を押してくれました。大学受験はとてもつらく、しんどいです。迷った時、不安な時こそ、先生を頼るべきです。鷗州の先生についていけば、間違いないです。これから先に待っていることは大変なことばかりかもしれませんが、「あの時、ああしていれば」と後悔しないように、やるべきことをきちんとこなして、自分の信じた道をつき進んでください。日々感謝!

広島大学 工学部 現役合格

小柳 香穂[宇部高校]

大学受験を通して、私が後輩へ言いたいことがいくつかあります。まず1つ目は、センター試験の得点による大学の判定は、あまり気にしなくても良いということです。二次試験の得点で逆転することが可能なのであれば、C判定やD判定でも挑戦するべきだと私は思います。2つ目は、最後まで自分の意思を貫き通してください。最終的に大学を決めるのは自分自身です。親や先生に何を言われても、大学は自分で決めてください。そのほうが、二次試験の勉強をする際にモチベーションを上げることができ、最後の最後まで頑張ることができます。最後に、塾の自習室は大いに活用してください。友達の頑張る姿を見ると、案外勉強が苦でなくなります。

広島大学 工学部 現役合格

田所 千佳[安古市高校]

私は中学から鷗州に通っていましたが、高1の冬に1度やめてしまいました。それから以前より勉強をしなくなり、高3になる前に危機感を感じたため、再入塾しました。塾では先生と仲間に恵まれ、1年間頑張ることができました。特に、先生方には秋から個別で広大の過去問の添削を快く引き受けていただき、丁寧に見ていただいたので、早い時期から先生にお願いすると良いと思います。センター試験は厳しい結果となり、出願校についてかなり悩みましたが、塾の先生や友達、家族と相談し、第一志望だった広大を受けました。合格できたのは本当に鷗州のおかげだと思います。後輩の皆さんも最後まであきらめずに頑張ってください。

広島大学 工学部 現役合格

甲斐 陶弥[市立福山高校]

高校に入ると、学校の授業だけでは十分に演習できない内容を数多く学びます。僕はバレーボール部で忙しかったのですが、塾に通うことで勉強のリズムが身につきました。また、特に物理と化学では、解答に至るまでの道筋や見通しがとても大切で、塾の授業ではそういった考え方を踏まえながら説明してくれるので、自分にとっての強みになりました。授業以外では先生とのカウンセリングを通して、自分に合った進路を決定できました。後輩の皆さんも、勉強のリズムと進路を決定するところから、センターと二次の過去問をこなすところまで妥協なく頑張ってください。僕は第一志望に合格できなかったので、大学ではこの悔しさを晴らせるよう努力し続けたいです。

広島大学 工学部 現役合格

安田 佳史[安佐北高校]

鷗州に通塾して良かったことは、二次試験の勉強がたくさんできたことです。自分は「センター地理」や「センター国語」などを受講していましたが、授業がとても濃密だったので、二次試験に必要な科目に多めに時間を割くことができました。特に「センター地理」は理系の人にはおすすめです。週1の2時間の授業と少々の課題のみで、センターで高得点を取ることができます。高3の春に20点もなかった地理が、センターでは70点以上取ることができました。そして何より良かったことは、受験計画がしっかり立てられたことです。時期に応じてやるべき勉強についても、先生がしっかりと導いてくださいます。添削課題もどんどん出すことをおすすめします。先生方がしっかりと見てくださいます。

広島大学 工学部 現役合格

松浦 稜介[安古市高校]

僕は、高3の春では広島大学がCかD判定でした。しかし、受験勉強を本気で始め、毎日塾の自習室を利用し、夏休みは1日12時間勉強したことで徐々に成績が伸び、志望校を神戸大学に上げましたが、冬にはなんとA判定が出ました。センター試験の結果により広島大学に下げて広島大学に合格できました。下げたと言ってももともとはD判定だった大学に現役合格できたので本当にうれしいです。ここで後輩の皆さんに伝えたいことは、「とにかく勉強し、努力し続ければ必ず道は開けるし、今とは違う景色を見渡せる」ということです。特におすすめなのが志望校を1つ上げることです。学校だけでなく、家族や塾の先生・仲間は心の支えです。感謝を忘れず頑張ってください。

広島大学 医学部(保) 現役合格

河合 理菜子[ND清心高校]

私は高校3年間、鷗州にお世話になりました。鷗州の一番の魅力は「先生」だと思います。質問に行くと丁寧に詳しく答えてくださり、私が理解できていないと分かれば、基礎まで遡って教えてくださいました。また、入試直前期には志望校を重視して個別にプリントやアドバイスをいただき、目標に向けてのモチベーションも維持することができました。そして何より、先生たちの熱意や励ましに背中を押され、自信を持って受験を乗り越えることができ、本当に感謝しています。ぜひ、後輩の皆さんにはしっかり先生とコミュニケーションを取って、合格を勝ち取ってほしいです。私はこれから大学で看護を学びますが、鷗州の先生たちの人に尽くす姿勢を見習っていきたいです。

広島大学 医学部(保) 現役合格

呉島 紗和[舟入高校]

私が合格することができたのは、家族や学校の先生、友人だけでなく、塾の力が大きかったと思います。受講している先生だけでなく、授業を担当していない先生にまで質問に答えてもらったり、添削指導をしていただりしました。先生方はみんな面白く、丁寧に教えてくださり、他愛もない会話をするのが楽しくて、塾に行くのが全然苦にならず、むしろ楽しかったです。私は塾が大好きだし、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。受験期はつらくて逃げ出したくなることもたくさんありますが、戦っているのは自分1人じゃないし、一生に一度の挑戦なので、悔いが残らないよう頑張ってほしいです。私は病気でつらい気持ちを抱えた人を笑顔にできる看護師になるために、日々頑張っていきたいです。

広島大学 情報科学部 現役合格

山野 拓実[安古市高校]

現役で大学に合格するには、浪人生と比べると不利なところも多くありますが、現役生には学校の先生や友達などの利点もあります。塾の自習室で勉強をしたりしていると、周りの人に引っ張られて自分も勉強に集中できるようになります。特に受験日の直前になると、やる気がなくなったり、マイナスの気持ちが強くなってきたりしますが、そんな時に仲間と支え合って頑張ることができます。「受験は団体戦」という言葉に初めは違和感を感じていましたが、今になって考えると、どれだけ仲間の存在が大きかったかがよく分かります。1人で勉強することも大切ですが、ぜひ後輩の皆さんには、仲間と勉強をして、互いに支え合って受験を乗り切ってほしいと思います。

広島大学 情報科学部 現役合格

笹口 翔伍[国泰寺高校]

受験勉強において最も重要だと思うことは、塾でも学校でも良いので、信頼できる先生を見つけることです。模試の結果や日ごろの勉強の進捗状況から、「この勉強法が良いよ」とか、「この参考書がおすすめだよ」などと丁寧に教えてもらうことができると、自分の勉強に迷いがなくなります。鷗州の先生はとても話しやすく、相談しやすい先生が多いので、受験勉強について悩み事があるならば、声をかけてみると、きっと一緒に解決策を見つけ出してくれると思います。これから皆さんに必ず苦しい時期が来るとは思いますが、自分の第一志望校合格を信じて頑張ってください。

広島大学 情報科学部 現役合格

土谷 義[呉三津田高校]

私は高1の秋から鷗州に通いました。鷗州にして良かったと思うことは、主に2つあります。1つ目は、扱う問題の質の高さです。高1のテキストからすでにさまざまな大学の入試問題が載っていて、基本的な問題だけでなく難しい問題にも挑戦することができます。習った内容が、どんなふうに入試で出題されるのかということに、早い段階で触れることができて良かったです。難しい問題でも、先生方の指導が分かりやすく丁寧なので、疑問に思ったことは解決して次に進むことができました。2つ目は、自習室の環境が整っていることです。座席指定自習室は、席が確保されているため部活で忙しい時もきちんと勉強することができました。先生方や家族・友達など、多くの方々のおかげで志望校に合格することができたと思います。どんなことがあっても屈することなく、自分を信じて頑張ってください。

広島大学 情報科学部 現役合格

久保谷 祐太[安古市高校]

鷗州の先生方は、優しく丁寧に対応をしてくださるので、悩んで分からないときには気軽に質問できたり、進路などの相談にのってもらえたりすることが良かったです。また、過去問や英作文の添削を二次試験前には何度もしていただき、そのおかげで少しずつ良い答案を作れるようになりました。授業では、1つの解き方だけでなく、複数の解き方を教えてもらえたり、1つの表現だけでなく、それに関連した良い表現と悪い表現などを具体的に教えてもらえたりして、とても役立ちました。また、何より大きかったのは一緒に勉強する友達の存在です。自習室で友達と励まし合いながら、時には息ぬきをしながら勉強できたことが、最後まで頑張れた要因だと思います。

広島大学 生物生産学部 現役合格

三浦 大介[舟入高校]

自分が合格できたのは、鷗州のおかげで最低限の勉強時間を確保できていたからだと思います。自分は家で机に向かう時間が、とても少なかったです。しかし、塾でしっかりと集中して授業を受けていたのでなんとかなりました。さらに、少ない時間で集中して勉強をする能力も少し鍛えられた気がします。鷗州に通って、本当に良かったと思っています。また、先生たちにもとても感謝しています。お世話になりました。後輩へのアドバイスとしては、先生にちゃんとついていけば、なんとかなるということです。自分もなんとかなったので、皆さんもなんとかなると思います。僕も大学に入ってからも頑張ります。

広島大学 教育学部 現役合格

家頭 みなみ[呉三津田高校]

鷗州に通塾して本当に良かったことは、勉強する意欲の高い人たちと一緒に勉強ができたことです。授業はもちろんですが、自習室でもやる気のある人に囲まれることで、自分の勉強へのモチベーションを高めることができました。また勉強面だけではなく、精神面においても助けてもらえて良かったと思います。カウンセリングでは進路や学習方法のアドバイスはもちろん、気持ちの持っていき方などのアドバイスもしていただきました。メンタルの弱い私にとって、鷗州は最適だったと思います。後輩の皆さん、受験は本当にしんどいと感じる人が大半だと思います。その中でも、塾の先生や友達、家族など周りの人の支えに感謝しながら、精いっぱい頑張ってください!

広島大学 教育学部 現役合格

奥 友菜[皆実高校]

私は高1の時、学校の英語の授業についていけなかったので、鷗州に入塾しました。最初は塾の授業のテンポが速く、「入るんじゃなかった」と後悔しましたが、先生がいつも声をかけてくださり、文法も少しずつ力がついているのを感じました。模試では、高1の時、まったく読めなかった長文で得点を取ることができるようになりました。また、高3になってからは、英語に加え、国語も受講しました。古典の文法では、先生がダジャレなどを用いて分かりやすく教えてくださり、苦手な国語もセンターでは7割取ることができました。部活などで忙しいと思いますが、受験はやってきます!今できることに精いっぱい取り組んで、後悔のない高校生活にしてください。

広島大学 教育学部 現役合格

岡井 美咲希[広大附属高校]

私が今回「第一志望合格」という目標を達成できたのは、何よりも鷗州の先生方からいただいた適確なアドバイスと温かい応援のおかげだと感じています。ただ惰性で目の前の宿題や教材をこなすのではなく、少しでも不安な点があればすぐに先生に質問をして、得点に直結する勉強法を見つけることができました。また、最大の課題だった数学も、個別指導講座の丁寧な指導により、弱点を着実に克服することができました。これらのことが、スランプに陥っても、両親や先生、友人の励ましを糧にし、自分の努力を信じてやり切れるだけの力につながったのだと思います。今まで支えてくださったすべての人に感謝し、大学でも常に全力で挑戦していきたいです。

広島大学 教育学部 現役合格

宮下 和也[国泰寺高校]

鷗州に通塾して良かったことは、先生方が質問や相談に親身になって答えてくださったことです。分からないことがあれば、基本的なことでも丁寧に教えてくださり、定期的に行われるカウンセリングでは、模試の結果から勉強のアドバイスをしてくださいました。私がAO入試を受験したのは、高3の夏のカウンセリングで先生に提案してもらったことがきっかけです。やる気が出ない時でも、先生からの言葉をもらって、頑張ることができました。また、鷗州の自習室は、休日にもやる気がある人が集まるので、静かな環境で勉強に集中することができました。今までたくさんのことを教えてくださった先生方、ありがとうございました。日々感謝!!

広島大学 法学部 現役合格

深川 美華[呉青山高校]

鷗州に通塾して一番良かったと思うことは、他校の生徒と勉強ができたことです。私が通っていた高校は少人数で、国立大学に行きたいという人が少なかったため、塾で難関大学合格を目指す人たちと一緒に勉強できたことは、とても刺激になりました。また、先生は生徒の質問に丁寧に答えてくださり、とてもためになりました。授業中も、時には厳しいことを言ってくださったので、だらけることなく勉強をすることができました。私が志望校に合格できたのは、塾に通っていたからだと思います。これからも、受験勉強で身につけた学力を失うことなく、充実した大学生活を送りたいと思います。

広島大学 法学部 現役合格

槌井 陸斗[祗園北高校]

私は、鷗州に通塾したことで生活リズムを確立できました。夏休みは、午前中は学校で勉強し、午後からは塾で勉強するというリズムを保てました。長期休暇以外の時も、学校が終わって部活がないと7時半まで塾で勉強するというような適切な生活習慣を確立することができました。後輩の皆さんは、できるだけ塾の先生に質問をしましょう。塾に通っているなら先生を最大限利用したほうが良いです。嫌がる先生なんていません。積極的に先生とコミュニケーションをとりましょう。最後に、これは私の意見ですが、自分がやると決めた勉強方法はなるべく続けることが一番重要です。すぐには効果は出ません。何事も忍耐強く、懸命にやり切ること、つまり「継続は力なり」という言葉を信じながら受験に挑みましょう。

広島大学 経済学部 現役合格

福永 健太[舟入高校]

鷗州に通塾して良かったことは、塾に行くことで周りと競い合える環境に身を置けたことです。授業の中でもそうですが、実判テストの結果なども勝手に他の人と競うことで、やる気を出していました。しかし、実判テストや模試などの志望校判定はあまり気にしないようにしていました。高3生になるとそうはいきませんが、それまでは気にせずコツコツとできることをやるべきだと思います。日々積み重ねたものが、最大の武器だと思います。後輩の皆さんには、この武器をもってほしいと思います。私は経済学部に進みますが、経済の知識を身に付け、さまざまな問題について考えていきたいです。何より鷗州の先生に感謝です。

広島大学 経済学部 現役合格

酒井 萌[安芸府中高校]

私は高2の春に入塾したのですが、当時は広大に行きたいと言えないくらい勉強ができませんでした。しかし、高2の終わりごろからだんだんと成績が伸びてきて、広大受験も夢ではないと思えるようになってきました。高3になってからは、ほぼ毎日授業があって、部活後すぐ塾に行って授業を受けていました。8月中旬まで部活があって、終わったら疲れて自習室で寝てしまうこともありましたが、固定された時間に授業があったので、勉強習慣は身についたと思います。受験勉強をしていて焦ることもあると思いますが、焦って勉強しても頭には入らないので、自分のペースで生活リズムを崩さないように、たまには息抜きもしながら頑張ってください。

広島大学 文学部 現役合格

竹田 千紘[県立広島高校]

中学生の時からの第一志望校である広島大学に合格して、本当にうれしいです。鷗州では、共に学ぶことのできる仲間と自習室を利用することにより、学力を高め合えました。また、英語と数学の授業を受けていましたが、先生方には質問に的確に答えていただきました。私は英作文を苦手としていましたが、個別添削により理解度が上がったと考えます。これを踏まえて、後輩へ伝えたいことは塾に積極的に通うべきということです。分からない箇所は先生に聞いてください。それが、志望校につながる一歩です。私はこれから文学部に進学し、高校生の時書いていた毛利氏についての論文を発展させていきたいです。

広島大学 文学部 現役合格

中野 綾音[広大附属高校]

私は広大附属に入学し、体育祭など学校行事に打ち込み、また自由な校風に甘え、勉強を疎かにしがちでした。周りには賢くて努力家な人がたくさんいて、自信をなくすこともありましたが、自分は自分だと開き直って自分にできることを精いっぱいしようと考えるようになりました。もし、他人と比べて落ち込む時があれば、そう考えると良いと思います。そうとはいえ、地道な努力は絶対に必要です。単語や基礎知識は早いうちに覚えましょう。私自身、受験が不完全燃焼で終わり、後悔することも多いので、しっかりやり切って悔いのないようにしましょう。最後に、お世話になった先生方、友達、両親、支えてくださってありがとうございました。

お問い合わせ・申し込み お問い合わせ・資料請求