難関私立大学 合格体験記

早稲田大学 政治経済学部 現役合格

岩元 宏樹[宇部高校]

高1初期の私は、学年順位240人中180位、赤点ギリギリ、単語テスト不合格の常連など学業が優れませんでした。しかし、鷗州で周囲の好成績の人を見て、一大決心し、猛勉強をした結果、80位まで上げることができました。その後、質の高い選抜クラスの授業を受け、仲間と共に勉学に励んだ結果、高2の1月に、ついに学年1ケタの順位になりました。それから受験勉強を本格化しました。センター英語・数学の対策には、多くの人が時間をかけると思いますが、私は鷗州のおかげで余裕をもって対策できたので、センター試験9割3分で早稲田大学に合格できました。後輩には、周囲の成績の良い人と競い合いながら頑張ってほしいです。鷗州ならそれができます。これからは傑出した人材を目指します。鷗州万歳!!

早稲田大学 政治経済学部 現役合格

石井 啓太[岡山朝日高校]

基本的に塾の内容をきちんとやっていれば、かなり良いところまで達することができると思います。特に英語の文法などは、鷗州の授業が一番役に立ったと思っています。通っていなければ落ちていたことでしょう。また、最後の数か月の追い込みの時期に先生方にやっていただいた添削は、非常にありがたかったです。私は国立大が第一志望だったのですが、第二志望の私立の対策にも大きく役立ちました。必ず最後まで続けていくと、力になるはずです。あと、残念ながら東大には落ちてしまったのですが、私立の勉強は本当に直前期だけで良いです。「赤門会・医進クラス」でしっかりと東大や京大に向けた勉強をしていれば、大丈夫だと思います。

早稲田大学 国際教養学部 現役合格

開田 龍徳[修道高校]

ずばり座席指定自習室。ここに始まりここに終わります。座席指定自習室を利用して、楽に勉強し習慣化するが吉です。自分の成績UPに一番貢献した、ある意味「聖地」のような場所です。平日5時間(+朝1時間)、休日12時間の勉強を丸1年続ければ、成績が良くならない訳はありません。勉学全般に関しては、因果関係を意識し、授業の目的から始まるすべての物事に適用してください。そうすれば、すべてが有意義になります。その上で、鷗州の環境を信じ、ひたすら自己と対峙し続けるのが良いでしょう。私は受験生活を送る上で、教育産業の負の側面に多々出会いました。そのため大学では、多様な背景を持つ人々と接し、教養、国際性そして問題解決能力を磨き、視野を広げ、教育産業に一石を投じるに足る人材となることが目標です。

早稲田大学 法学部 現役合格

福原 綾一郎[広大附属高校]

鷗州は、とにかく温かい場所でした。どの先生も優しく、どんな小さな悩みでも相談に乗ってくださり、本当に感謝しています。そのおかげで、今日も塾に行こうと意欲が湧き、勉強をする習慣が身につきました。後輩の皆さんへのアドバイスをするとすれば、とにかく授業は集中して受けることです。僕は中学校のころから、部活後の授業はいつも睡魔に襲われていました。そのせいで授業内容を理解できていないことも多々あり、とても時間を無駄にしていたと思います。授業前は仮眠を取るなどして体調を整えましょう。それと、学校のテストでも必ず良い点を取りましょう。何か良いことがあるはずです。これからも鷗州で学んだことを生かしていきます!

早稲田大学 商学部 現役合格

佐藤 良太[広大附属福山高校]

鷗州に通って良かったことは、良いペース作りができたことです。現役生は、いつ何をどのくらい勉強すればいいのか、分からないことだらけだと思います。鷗州は、そんな不安をはらって、模試や確認テスト・面談などさまざまな形で、必要なことを取りこぼしなく最小限の努力でカバーできるよう、導いてくださいました。心と時間に余裕をもって、学校のテストでも良い成績を出すことができ、私は指定校推薦を得ることができました。私から独自のアドバイスをするなら、「偏らないこと」です。塾と学校の両方を大事にしましょう。課外活動の結果も推薦で役に立つかもしれません。いろんなことで得た達成感が、自信と結果につながると思います。

早稲田大学 人間科学部 現役合格

五反田 千穂[広大附属高校]

私は推薦入試を受けたので受験直前の勉強方法等については何も言えませんが、鷗州に小学部から通い続けて良かった点は、自分に合った勉強法と、それを教えてくださる先生に出会えたことです。私の場合、どうしてその考え方に至って…どういふうに公式ができて…どこまでは暗記で…等の根本的な部分をしっかり理解しないと進めない性格だったため、そんな面倒くさい私の疑問にいつもとことん付き合ってくださった先生方には特に感謝しています。本当にありがとうございました!後輩の皆さんにも、自分の本当の学力と勉強法を教えてもらうのにぴったりな先生と出会えるように、塾ではありのままの、一番アホな自分を出して勉強することをオススメします。

早稲田大学 人間科学部 現役合格

西村 美紀[下関西高校]

私は中1のころから6年間、鷗州にお世話になりました。中学生の時から鷗州に通うことで、自分で勉強する習慣が身につき、高校生になっても継続して勉強することができました。鷗州に通塾して良かったことは、自習室を活用できたことと、分からない問題があった時に質問ができる先生や同級生の存在があったことです。テスト週間や受験シーズンは自習室に毎日通い、集中できる良い環境で勉強ができました。そして、自分と一緒に頑張っている同級生の存在が心強く、また自分の進路についても親身になって考えてくださる先生がいるこの鷗州で6年間過ごすことができて、本当に良かったです。これからも自分の目標を強く思い続け、頑張ります。

早稲田大学 文化構想学部 現役合格

山下 賀子[広大附属高校]

おそらく珍しいケースだと思うのですが、私は日本史のみ通っていました。とにかく社会が苦手で苦手で、小学校の時から苦しんできました。例えば日本史でいうと、ある出来事を覚えていても、時代区分を思い出せないといったことばかりでした。授業では先生が曖昧になりがちなところをきちんと整理して、覚えるための手がかりをくださったので、大変理解しやすかったです。また、さぼりがちな私にとって、毎週のようにある確認テストも記憶を定着させるために重要でした。精神面でも先生が親身になって支えてくださったことで、やる気がなくなりかけた時も、あまりにも不安になった時も、あんなに気にかけてくださる先生がいるんだからと自分を奮い立たせることができました。

早稲田大学 文学部 現役合格

美濃田 和紅[倉敷天城高校]

鷗州の先生方は、最後の最後まで塾生の目標達成を応援し、支えてくださいます。また、第一志望だけでなく、すべての志望校について的確で頼りになるアドバイスをくださるので、万一のことがあっても安心です。実際、私は第一志望であった京都大学には不合格でしたが、自分の人生や将来的な目標を見直し、また先生の助言も後押しとなって、早稲田大学に進学することを悔いなく決意できました。後輩の皆さん、大切なのは「目標設定」です。ゴールは人それぞれ異なります。皆さんならば、ひとまず第一志望校がそれにあたるでしょう。人間は原動力なしでは生きられません。本当に自分がやりたいことを早く見つけて、そこに向かうプロセスを全力で楽しみましょう!

慶應義塾大学 薬学部 現役合格

片寄 知佳[ND清心高校]

私は鷗州で、素晴らしい友達と先生に出会えました。学校に通っていただけでは得られなかったものも多く、勉強に対する姿勢や意欲も変わりました。先生たちは、私が進路について悩んだ時には優しく話を聞いて相談に乗ってくださり、また何時間もかけて私の質問や添削に付き合ってくださいました。友達や後輩の頑張っている姿を見てやる気をもらったし、受験生活を楽しく充実したものにしてくれました。どの授業も高いレベルの問題に多く触れることができ、さまざまな傾向の問題を授業時間内に解けただけでなく、私立対策にあまり時間をかけずに勉強することができました。ためらわずに先生に頼ってみてください。自分だけでは気づけない視点や情報を得られると思います。

慶應義塾大学 理工学部 現役合格

松永 ことの[岡山操山高校]

鷗州に通塾して良かったことは、勉強に集中する環境が整っていたことです。高度な授業はもちろんのこと、周囲にはレベルが高い人たちが多く、「私も負けじと頑張ろう」と気持ちを引き締めることができました。また、私は自習室をよく利用していました。静かな環境だったため、誘惑の多い家での勉強よりもはかどりました。そして、鷗州では先生とのカウンセリングが定期的に行われ、自分の現時点での問題点を見つめ直し、目標を立て直すことができました。先生方の的確なアドバイスによって、今後のやるべきことが明確になりました。後輩の皆さんも、鷗州で利用できるものはすべて利用し、第一志望合格を目指してください。

慶應義塾大学 経済学部 現役合格

本家 遼[広大附属高校]

睡眠時間2時間、体温37.6℃、朝から吐きかける、開始10分前にめまい、飲んだ薬は4種類。入試当日の僕の体調は最悪でした。それでも合格できたのは間違いなく自分の努力とその努力を支えてくれた鷗州のおかげです。入試は「大学との対話」みたいな、でたらめなものではなく「過去の自分との対話」です。高2の夏からの3,545時間の勉強は僕を大いに成長させたし、当日も僕を守ってくれました。そして、その勉強を支えてくれたのは鷗州の環境です。鷗州の自習室には意識の高い仲間が集まっています。つらい時期でも頑張れたのは自習室フレンズも頑張っていたからです。後輩の皆さんも鷗州で本当の仲間をつくって受験という壁を乗り越えてください。

東京理科大学 基礎工学部 現役合格

宮副 充生[徳山高校]

僕は入塾するまで勉強する習慣がなかったのですが、早い段階で入塾することで友達と楽しく勉強するクセがつきました。受験で合格する秘訣は、少しでも早くからコツコツと勉強をすることです。特に夏以降は誰でも勉強するので、あまり差がつかなくなります。もう1つ、とても重要なことは、自分の志望校を夏前には明確にすることです。当たり前のことのように思えますが、広い視野を持って大学選びをすることが本当に大切だと僕自身も痛感しました。この大学が近いからとか、友達が多いからといった理由で大学を選ぶことは絶対にやめておいたほうが良いです。6年間、本当にありがとうございました。

中央大学 法学部 現役合格

葛原 和希[防府高校]

私は中3の時に鷗州に入塾しました。基礎的なことはもちろん、学校では教えてくれないようなことも学ぶことができ、受験のための大きな力になったと感じています。周りの生徒たちは、みんなやる気に溢れていて、そのような環境の中で勉強できたことが良い刺激になりました。私は高校では吹奏楽部に所属しており、本格的な受験勉強を始めたのは高3の9月からでした。周りより遅れているという焦りはありましたが大事なのは勉強量ではなく、志望大学に対する自分の学力の到達度だと思い、気持ちを奮い立たせていました。つらい時期もあるとは思いますが頑張ってください。

青山学院大学 法学部 現役合格

清水 ほの花[防府高校]

私は中学の時から鷗州に通っていました。鷗州の先生方は、とても分かりやすく教えてくださり、何回も質問をしても、優しく対応してくださいました。そのおかげで、成績を上位でキープすることができたので、鷗州に通えて本当に良かったと思います。進路や勉強のことで悩んでいる後輩の皆さん、鷗州の先生方に相談してみてください。分からないところがあれば、どんどん質問に行ってください。先生方は、とても優しく、丁寧に説明してくださいます。そして、最後まであきらめずに、目標に向かって先生方や周りの友達と一緒に闘ってください。努力すれば、結果がついてきます。私は、大学で専門分野をしっかりと勉強したいと思います。

同志社大学 経済学部 現役合格

山本 わかな[岡山操山高校]

鷗州に通って良かったことは、自分に合った講座を受講できたことです。そのおかげで効率的に勉強することができました。私が受講した講座では、特に英語が印象に残っています。長文は、ただ日本語訳をしているだけではいけないということを知ることができました。そのことを意識して解いていくと得点が徐々に伸びていきました。また、長文を解くときに、品詞に意識して解くということを知ってからは、解くスピードが速くなり、理解も深まりました。高校の3年間は本当にあっという間に過ぎてしまうので、自分がしないといけないことは何かをよく考えて有意義に過ごしてください。

同志社大学 商学部 現役合格

山本 京吾[山口高校]

鷗州に高校入試合格を報告してからもう3年が過ぎたと思うと、とても早い高校生活だったなと感じます。高1・高2の時はずっと成績が悪く、本格的に大学受験について考え始めたのは高3の5月ごろでした。学年でもずっと半分より下の順位だったのですが、目標だけは高く、早稲田大学を志望することにしました。高いレベルを目指して勉強するうちに、模試では文系でトップを取れるようになりました。塾に入っていて一番良かったと思うのは、比較的得意だった英語を伸ばせたことです。高2までに文法はほぼ完璧になるまで演習させてもらったので、高3になってからは、しっかりと長文演習ができました。第一志望に合格できなかった悔しさがありますが、1年前の自分のレベルを考えれば、大学生になれたことだけでもうれしいです。高いレベルに向けて努力すればきっと良い結果がついてくると思います。

同志社大学 商学部 現役合格

伊藤 有日子[岡山朝日高校]

鷗州に通って良かったことは、たくさんの演習ができたことと、授業がとても分かりやすかったことです。高1・高2の時は部活が中心で、勉強がおろそかになることもありました。そのため、塾に行くと、学校の復習ができたり、発展問題を解くことができたりして、とても助かりました。また、鷗州の自習室はとても静かで、集中して勉強ができたことも良かったです。部活がないテスト週間には自習室を利用し、いつも勉強していない分頑張りました。高3からは座席指定自習室を利用しました。意識の高い人が多く、良い刺激を受けられ、とても良かったです。最後に、鷗州の先生方には小4から9年間、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

同志社大学 文学部 現役合格

村重 遥[基町高校]

鷗州に通塾して良かった点は、やはり質の高い授業が受けられたことです。学校では教えてもらえない解き方のコツを学べたり、毎週のように授業で添削をしてもらえたりしたことは、特に自分で学びにくい英語や国語の学習にとても役立ちました。また、鷗州は先生方と生徒の距離も近く、出願校を決定する際には丁寧なカウンセリングをしてもらえました。高1や高2の時は受験までまだまだ時間があるように感じがちですが、受験生は予想の何倍も時間が足りません。本格的な勉強を始める前に単語や熟語は完璧にし、センター試験でしか使わないような科目も後回しにせず、早めに苦手科目をつぶしておくと後悔しないですむと思います。頑張ってください。

同志社大学 文学部 現役合格

佐々木 真子[呉三津田高校]

私は高1の時に一度退塾して高3で再入塾しました。数学が苦手で、次はどこの塾にしようかと悩んだ末、また戻ってきました。鷗州は生徒と先生の距離が近いことが一番良いところだと思います。困った時や分からない問題があった時にも、非常に聞きやすい環境でした。授業もアットホームな雰囲気で気持ち良く受けることができました。一人ひとりと進路の話をじっくりしてくださるので、、進路に迷った時もたくさんのアドバイスをいただきました。長年受験生を育ててきていらっしゃる先生のアドバイスは説得力のあるもので、私もたくさん参考にさせてもらいました。鷗州にはいろんな方面で助けていただきました。入塾して本当に良かったです。

立命館大学 情報理工学部 現役合格

大瀬戸 一帆[安古市高校]

私は、国立大学を1校、私立大学を3校受験しましたが、どれも緊張することなく受けることができたので良かったです。後輩へのアドバイスは、1つの教科に力を入れ過ぎるよりは、まんべんなく、すべての教科をしていったほうが良い結果につながると思います。これからの抱負は、受験勉強を通して得たもの生かせることがあるときに、しっかりと活用していきたいです。

立命館大学 経済学部 現役合格

我田 太成[崇徳高校]

鷗州に通って良かったなと思ったのは高1の冬くらいでした。春から夏までは意味が分からなかったthatの使い方などが分かるようになりました。今考えてみると、日々の積み重ねだったのかなと思います。週に1回しか授業がないので、「この授業をどれだけ自分のものにできるか!!」という思いを持つことが大切です。また、先生の言うことは絶対聞くべきです。僕は高1・高2で英語の先生の言う通りに勉強しました。おかげさまで、わりとできるようになりました。言われる通りに勉強をしていると、より熱心に指導してくださる気がします。ここまで読んでいただきありがとうございます。頑張ってくださいね。

関西学院大学 法学部 現役合格

甲斐 夕貴[呉三津田高校]

鷗州に通塾して良かったことは、学校では習わないことを学べたことと、尊敬できる素敵な先生たちに出会えたことです。先生には授業以外にも添削や些細な質問にまで熱心に対応していただき、大変お世話になりました。また、進路に悩んだ時や思うような結果が出なかった時には声かけに励まされ、喝を入れ直していただきました。精神面でも強く支えてくださり、本当に感謝しています。受験はつらいものかもしれませんが、乗り越えたら、学力はもちろん、精神的・人間的にも成長した自分になれていると思います。恵まれた環境の中で勉強させてもらっていることを当たり前だと思わずに、周囲の人たちへの感謝を忘れず頑張ってください。

関西学院大学 経済学部 現役合格

武田 裕紀[清水谷高校]

僕が鷗州に入ったのは、高1の12月でした。こうして指定校推薦で関西学院大学に合格することができたのも、早いうちから塾に通うことで、学校の成績を上げることができたからだと思います。鷗州にはさまざまな講座があるので、自分に合った講座を受講することができます。そのおかげで、模試の結果が良かったです。自分の好きな講座を選ぶことのできる鷗州を選んで良かったと思います。これから僕は、一般入試で入ってくる学生に負けない学力を維持する必要があります。そのためにも、先生に教わったことを思い出しながら、鷗州の洗練されたテキストを使い勉強していきたいです。

関西大学 経済学部 現役合格

木下 到[国泰寺高校]

鷗州では、個別ブースの自習室があり、集中して学習に専念することができました。また、先生方も質問に対して分かりやすく答えてくださり、学習環境が素晴らしかったです。受験期に勉強に追われ、くじけそうになった時も先生方や塾の友人たちと助け合いながら乗り越えていくことができました。後輩の皆さんにも、精神的に苦しい場面が来ると思いますが、根気強く、最後まであきらめなければ必ず結果はついてきます。仲間たちと支え合って、受験という壁を乗り越えていってください。私も、これまで出会った人たちとの繋がりを忘れずに、大学でも最後まで信念を曲げないで、何事にも挑戦していこうと思います。

関西大学 商学部 現役合格

荒石 龍一[祗園北高校]

私が鷗州に通塾して良かったと思うことは、自習室があって集中できる環境が用意されていたことと、部活を引退してからすぐに勉強モードに切り替えてくれたことです。自分は「部活が忙しい」とか言って、まったく勉強していませんでした。部活で負けて、勉強も手につかない何もかもできない状態になった時、塾に入っていたからこそ、「ここで頑張ろう」と思えました。受験勉強を始めてすぐは結果がついてこず、とてもしんどかったですが、最後まで頑張って本当に良かったです。皆さんも、最後まであきらめずに頑張ってください。努力は絶対に絶対に絶対に実りますよ。

関西大学 総合情報学部 現役合格

岡田 純輝[安古市高校]

学習面では、鷗州で自分のレベルや、もう一段階高いレベルの演習をすることで、成績を伸ばすことができました。抜けていることも、先生方はそれを埋めよう、埋めようと教えてくださったので、通塾していたからこそ得られた知識が多くありました。精神面では、センター試験に臨む際の心構えを教えていただいたり、個別面談で悩み相談を受けていただいたりと支えになってもらいました。鷗州を頼りに、心の支えにしていました。後輩へのアドバイスは、自分の弱点科目から目をそむけずに向き合い、克服しようとしてほしいです。そうすれば高い学力まではいかなくとも苦手科目ではなくなると自分が経験したからです。何事も早めに取り組んだ者勝ち!それが受験!

関西大学 文学部 現役合格

塩山 季優音[池田高校]

私は指定校推薦で、関西大学文学部に合格しました。高2の秋ごろから指定校推薦を取ることを考えていましたが、高1の成績は良くありませんでした。そのため、高3の1学期の定期テストでは一番勉強しました。良い点が取れたので、それが評定につながりました。私がテスト勉強に集中して打ち込むことができたのは、塾の座席指定自習室のおかげです。1人ずつ机が決まっており、教材も置いておくことができ仕切りもあるため、とても良い環境で勉強することができました。また、座席指定自習室は普通の自習室と違って基本的にどの時間帯でも使用することができるので、1日中勉強に集中できました。春からは関大生として自覚を持ち頑張ります!後輩の皆さんも応援しています。

関西大学 法学部 現役合格

亀井 萌々子[呉三津田高校]

私は高2から、鷗州に通い始めました。鷗州の自習室は静かで、周りの人も集中して勉強しているので、勉強しやすい良い環境です。高3になってから利用し始めた座席指定の自習室は、自分専用の席を確保できるので、いつでも確実に利用でき、塾に行って勉強する習慣をつけることができました。また、私は自分の得意科目と希望の進路で重要な科目が一致せず、つらい思いをした時期がありました。そんな時、カウンセリング担当の先生だけではなく、授業を担当してくれていた先生が、それぞれアドバイスをしてくださいました。得意分野は発展した内容を、苦手科目は基礎をじっくり鷗州で勉強したからこそ、最後には納得のいく進路に進むことができたのだと思います。

お問い合わせ・申し込み お問い合わせ・資料請求