広島県公立高校入試(理科・社会)

鷗州塾熊野校です!

今回は、広島県公立高校入試の理科・社会についてご紹介します。
この2つの教科は、近年『記述問題』が増えているのが特徴です。
では、どのくらい記述問題が増えているのでしょうか?
入試で使用された解答用紙を比べてみました!

<理科>

sokuhou20181108kumano

左側は平成25年度の入試、右側は平成30年度(最新)の入試です。
記述問題の部分に色をつけてみました!
平成30年度は、50点満点中26点が記述問題でした!

<社会>

sokuhou20181108kumano2

次は社会です。
なんと平成30年度は、50点満点中40点が記述問題でした!
8割が記述問題ですので、ほとんど記述問題だったといえます。

ということは、今後の公立高校入試においても、記述の練習は欠かせません。
鷗州塾では、このような記述問題の対策として、冬期講習会で「大晦日理社記述特訓会」を実施します!

詳しくは、フリーダイヤル 0120-17-0419【冬期受付時間/9:00~19:00(日・祝休)】まで、お気軽にお問い合わせください。

これまでの熊野校の校舎速報は、こちら

お問い合わせ・申し込み お問い合わせ・資料請求