秋の季語

鷗州塾岡山駅前校です!

11月に入り、朝晩がいっそう冷え込むようになってきました。
かと思えば、日中はぽかぽかと暖かい日もあり、外出時に上着やコートを着るべきか、マフラーを巻くべきか、悩んでしまいますね…。

そんな深まる秋を象徴する、秋の季語をいくつか下に示しました。
しかし、実は…1つだけ秋ではない季語が混じっています!

①秋刀魚(さんま) ②無花果(いちじく) ③牡蠣(魚介類のカキ) ④柿(果物のカキ) 

果たして、それはどの季語でしょうか!?
ぜひ、考えてみてくださいね!
(答えは下部に記載しています!)

sokuhou20181108okayamaekimae

鷗州塾では生徒さんに興味・関心を持ってもらい、自ら思考してもらう授業を行っています!

現在、集団授業の無料体験を実施中です。
塾をお探しの方は、お気軽にお問い合わせくださいね!

【答え】
「③牡蠣(魚介類のカキ)」です!
牡蠣は冬が旬の貝であるため、冬の季語なのです。
ちなみに欧米では、スペリングに「R」のつく月に牡蠣を食べるのがよく、一方で5月から8月のMay、June、July、Augustのようにスペリングに「R」のつかない暑い月には食べない方が良いということわざがあります!
冬の時期の牡蠣は、栄養を蓄えているためおいしいのです!
一方で、暑い月は産卵の時期にあたるため、食用にはあまり適さないそうですよ!

これまでの岡山駅前校の校舎速報は、こちら

お問い合わせ・申し込み お問い合わせ・資料請求