大阪府高校受験情報④「私立入試」

こんにちは!鷗州塾・鷗州ハイスクール梅田校です。

高校入試制度の解説シリーズ第四弾、「私立入試」についてご紹介します!

第一弾「公立入試制度」についてはコチラ、
第二弾「公立入試学力検査」についてはコチラ、第三弾「続・公立入試学力検査」についてはコチラ

●私立入試の試験内容
平成30年度の私立高校入試は、2月10日(土)から始まります。
公立高校入試よりも約1か月早いです。

試験内容は、高校・学科・コースなどによって異なります。
自分の関心のあるところの試験内容は、早めに確認しておくと良いでしょう。

sokuhou_umeda170909a

●公立入試との違い
①2つの出願方法「専願」「併願」
「専願」とは、「出願した私立校に合格したら、必ず入学する」という約束で出願することです。
合格したあとに辞退することはできません。合格でなかった場合、公立校へ出願することはできます。
「併願」の場合は、公立校の結果が出てから、入学か辞退か選べます。
一般的に、「専願」で出願するほうが、合格ラインが低く設定されています。
②調査書の評定はいらない?
私立入試の合否判定に、調査書の評定が使われるかは「各高校による」と言えます。
調査書の評定を重視するところもあれば、ほとんど加味しないところもあります。
③ぜひ「個別相談会」で相談を!
ほとんどの私立校で「個別相談会」「進路相談会」が行われます。
調査書の評定や「実力テスト」「定期テスト」「模試」などの成績を、私立校の先生に直接見ていただいたうえで、合格可能性などについてお話をいただけます。
興味のある高校の相談会には、ぜひ参加してみてください。

●私立入試対策について
公立入試と私立入試では、内容や必要な対策が大きく異なることはありません。
学校や塾での勉強内容をしっかり積み重ねていれば、公立・私立どちらとも対策になります。
秋~冬ごろから私立入試の過去問を解き、傾向に慣れ、時間配分を考えていくと良いでしょう。

鷗州塾では中3生用の入試演習講座「入試的中ゼミ」「国語特講」を絶賛開講中です!
圧倒的な演習量で、基礎力から実戦力まで鍛え上げます!!

sokuhou_umeda170909b

「入試的中ゼミ」「国語特講」の詳しい情報はコチラ→( 大阪府高校受験情報②「公立入試学力検査」)

これまで27万人以上の塾生を輩出してきた鷗州塾・鷗州ハイスクール・鷗州合格必達個別ゼミで、目標に向かって頑張りませんか?
詳しくは梅田校、または鷗州塾フリーダイヤル(0120-17-0419)までお気軽にお問い合わせください。

クラスに関しては、小・中学生はこちら、高校生はこちらをぜひご覧ください。

梅田校のこれまでの校舎速報は、こちらからご覧いただけます。

お問い合わせ・申し込み