国境を越えた交流

こんにちは。鷗州塾安古市校小学部です。

安古市校の江木 美月さん(小6)が、中国のお土産と共に素敵な報告をしてくれました。
その様子を、皆さんにもお知らせします!!

sokuho_yasufuruichi170516a

sokuho_yasufuruichi170516b

先生「おっ!江木ちゃん、中国に行ったんだね^^」

江木さん「はい!書道で『平和の里』という文字を書いたんですが、その作品が広島県知事賞に選ばれまして…。」

先生「すごいじゃない!!」

江木さん「ありがとうございます!広島県代表として、10名が中国で行われた書道の交流会に招かれることになったんです。」

先生「そうなんだ。受賞した時はどうだった?」

江木さん「まさか私の作品が県知事賞をもらえるなんて思ってもいなかったので、最初に聞いた時は冗談かと思いました(笑)!」

先生「いやいや、江木さんの書く字は普段から力強くて、先生も大好きだよ!!」

江木さん「ありがとうございます。」

先生「中国での交流会はどうだった?」

江木さん「現地の人と書道交流をしたのですが、私より年下の子たちもとても上手でびっくりしました!!良い刺激を受けました^^ただ、現地の食べ物は…母は『おいしい!』って言っていましたけど、私は絶対、日本食のほうがおいしいと思っていました(笑)。」

先生「日本を離れて改めて、その良さを感じることもあるよね。これからの目標は?」

江木さん「書道では、十段を取ることを目指しています!勉強も志望校に合格できるように頑張りたいです!!」

先生「素敵な報告をありがとう!!これからも一緒に頑張ろうね^^」

2人「笑顔」

お問い合わせ・申し込み