学研ホールディングスさんをはじめとした135社との連合について

「学研ホールディングスさんをはじめとした135社との連合について」
    中国新聞朝刊の2018年11月18日の記事について

鷗州コーポレーションが参加する、全国の学習塾による新連合「教育アライアンスネットワーク」は、
全国の多くの塾が「子どもたちと日本のより良い未来」のために、競争を超えた協力を進めようと大同団結した連合です。

記事内容について補足説明いたします。

 

1. 資本提携でも買収でも合併による子会社化でもありません。

この連合は「各組織の利益」を得るための連合でなく、
参加する学習機関がさらなる発展をし、より良いサービスを提供するための緩やかな連携です。

各塾に通う生徒さんたちと、各塾で働く先生方の「様々な益」になるものを、具体的に構築します。

参加する各塾の独自性が失われることはありません。
塾生と保護者の方々に対してよりよいサービスの提供が可能になります。

 

2. これからの学習変化、入試改革に協力して対応します。

昨年より参加グループにおいて、「『明日の学力』診断(あすがく)」という思考問題を実施しています。
択一式でも穴埋めでもない思考問題です。

たとえば、第1回目の問題には、ある都市の地図があり、
どこに図書館をつくるのが最適か考えを述べなさいという問題がありました。

今後、こういう問題に「素晴らしい発想と、独自性を発揮する」生徒が増えてくると思います。
そのきっかけになりたいと考えています。

当社の社員も、この問題作成に携わります。

 

3. スケールメリットを生かし教育サービスを強化します(参加塾の塾生 46万人)。

参加する塾の強みを合わせて、共同教材作成にあたります。

また連合に参加している北海道の学習塾で授業を担当している社員が、
実家のある広島に帰らなければならないという時に、
志のある大切な人財に「連合に参加している他の学習機関」で雇用機会をつくります。

経験と知識のある人財に、教育界で長く活躍してもらうことは大きなプラスです。
ひいてはそのことが塾生にも大きな利になると考えます。

 

4. 日本の教育に貢献します。

各学習機関の垣根を越えた、「塾教師の資格制度」の導入や、
「合同研修会」「模擬授業大会」へ参加することで、教師の質を高めます。

「競争しながら協力する」ことで、塾業界全体のレベルが上がり、
そのことが日本の力を上げることに繋がると考えます。

 

塾の利益を最大化する連携でなく、塾生と日本の未来を最大化する連携を。

『塾生の未来と日本の未来のために』
 競争から協(共)創へ

  • 鷗州塾 小学部・中学部
  • 鷗州ハイスクール
  • 鷗州塾 個別ゼミ
  • 鷗州塾 幼児部
  • AIC鷗州開智学館
  • 映像Web講座
  • 英会話教室・英語教室のAIC Kids
  • AIC TEEN
  • AIC バイリンガル幼稚舎
  • 鷗州塾ぱそこん教室
  • 鷗州サッカークラブ
  • 脳も鍛える健康教室アピネ
  • AICJ中学・高等学校
  • Auckland International College
お問い合わせ・申し込み お問い合わせ・資料請求