『鷗州塾の先生たちと一緒に働きたいと思い、鷗州コーポレーションに入社しました!』

イメージ写真はありません
【教師】 藤井 由美 ※現在、WIN沖野上校・WIN野上校で小中学生の文系科目を担当。児玉さんが、中1・中2時に指導。
【生徒】 児玉 優子さん ※現在、福山府中校・WIN府中駅前校で小中学生の文系科目を担当。

児玉さんの通塾履歴】

  •  小3:鷗州塾駅家校に入塾。
  •  福山暁の星女子中学に合格!⇒進学。
  •  中1~高3:鷗州塾福山校に通塾。
  •  日本大学国際関係学部国際文化学科に現役合格!⇒進学。
  •  卒業後、念願の鷗州コーポレーションに就職!

先生:今日は忙しい中、時間をとってくれてありがとうね。後輩塾生のために、貴重な話を聞かせてください。児玉さんは、中学生の時に先生が英語を担当させてもらったけど、以前福山校で「先生、児玉です」と声をかけられた時は、本当にびっくりしたよ。中学生の時と全然変わっていなくて、すぐに誰だか分かったよ。クラスの中でもひときわ賑やかで、よく話しかけてくれていたよね。印象的な生徒だったよ。

児玉:私、そんなに目立ってましたか?

先生:リーダー的な存在だったと思うよ。児玉さんは、小学生のころから中学・高校とずっと鷗州塾に通ってくれたんだよね。鷗州塾での勉強はどうでしたか?

児玉:塾生時代は、ただ「楽しい」の一言で通っていたのを覚えています。もともと、理数系の科目が苦手な上に、塾は学校よりもスピードが速いので、算数は特に大変でした。でも「友達に負けたくない」という思いで、暗記会はいつも一生懸命頑張りました。先生方はみんな優しかったので、質問もしやすかったです。駅家校のアットホームな雰囲気がとても好きでしたが、学校以外の友達がいるというのも刺激になって良かったんだと思います。だからこそ、まずは学校の宿題と塾の宿題をしっかりしようと思い、親が買ってきてくれた問題集はそっちのけで塾の勉強をやっていました。

先生:児玉さんの負けず嫌いな性格がよく伝わってくるよ。

児玉:小学生の時は、模試の成績が振るわず不安も大きかったのですが、中学入試で志望校に合格し入学できたのも、当時担当してくださった鷗州塾の先生のおかげだと思っています。中学に進学した後も、塾で勉強していたことがすごく役立ちました。

先生:定期試験の前は、必死だったよね。

児玉:はい。でも、中学範囲まではそれで良かったんです。テストでもそれなりに点数が取れていましたので…。ただ、中3で高校範囲に入ってからは、そういうわけにもいかなくて…。学校もスピードが速くなるし、内容も難しいんですよね。そこから成績がガクンと下がりました。学校から呼び出しがかかるくらいの下がりようでしたから…。勉強をどうやってしたら良いのか分からなくなったのも、そのころだと思います。しんどくてしんどくて、逃げてばかりでしたね。だから余計に成績は振るわず…。サボってしまったツケは、すぐに自分に返ってきました。それでも、小学生の時から一緒に塾に通っていた友達や先生方に支えられながら、頑張ってなんとか大学に入れて、本当に通ってきた塾が鷗州で良かったと思いました。

先生:いつも元気印の児玉さんにも、そんな時期があったんだね。よく頑張りました。児玉さんが、大学に進学して良かったと思うことはどんなことですか?

児玉:いろんな友達ができたことですね。大学進学の目的の1つが、留学だったんです。私が大学を選ぶ時の条件は、「教職課程が履修できること」と、「留学制度がしっかりしていること」だったんです。それで、大学2年の時にアメリカのニュージャージー州に留学をしました。そこには、アメリカ人はもちろん、トルコ人・スペイン人・中国人・韓国人など、本当にいろんな国の人がいて楽しかったです。英語でのレポートの課題やテストは本当に大変で、みんなで「無理~!」と叫びながらやっていましたが(笑)、休みの日にはニューヨークに繰り出して、買い物に行ったり、観光したり、ボストン旅行もしました。帰国前夜にはみんながパーティーを開いてくれて…。本当に、しんどい時も楽しい時も一緒にいた仲間なので、今でも連絡を取り合っています。彼らは親友というか、心友ですよね。そんな大事な友達を作れたことが、一番良かったと思います。

先生:インターナショナルですね~。他にも思い出はある?

児玉:あとは、日本の大学の仲間と富士山に登ったことですね。朝の4時から車を運転して富士山に挑戦したのは、すごく貴重な体験でした。先輩も後輩もなく、みんなで声をかけ合って登ったので、登頂した時の感動は何とも言い表せないものでした。その他にも、大学時代には自分の好きな勉強をすることができて、本当に楽しかったです。

先生:じゃあ、いつから塾の先生になろうと決めていたの?またその理由も教えてくれる?

児玉:小さいころからの夢が、実は「教師」だったんです。だから、大学に入学して教職課程を履修しました。在学中は、「教育インターンシップ研究会」に所属し、大学附属の中学校で朝学習の授業や、英検の補習・遠足・臨海学校などの活動に参加して、実際の現場にかかわりを持たせてもらいました。(インターンシップ:学生が一定期間企業などで研修生として働き、就業体験を行うことができる制度) 実習で母校に帰った時も、授業準備は大変でしたが、生徒と触れ合うことがとても楽しかったです。また、ほとんどの生徒が塾に通っていて、塾の必要性を感じましたね。だから、就職活動中は「教育業界」を中心に企業研究をしていきました。教員採用試験も受けましたし、他の塾の入社試験も実は受験しました。ただ、鷗州コーポレーションの説明会でもらった資料で、知っている先生の顔を見て、「あ~、やっぱり鷗州塾がいいな」と思ったんです。鷗州塾には楽しい思い出しかなかったので…。学校にも正直魅力はあったんですけど、鷗州塾の先生方はいつも楽しそうだったことを思い出して、働くんだったら鷗州塾の先生たちと一緒に働きたいと思って、入社を決意しました。

先生:児玉さんが塾生時代に頑張っていたから、塾が良い思い出になっているんだろうね。じゃあ、夢が実現して実際に塾の先生になってみてどうですか?

児玉:今、前田先生と一緒に福山府中校の中3クラスを担当しているんですが、前田先生は私が中2の時に数学を担当してもらっていた先生なんです。今まで生徒と先生の関係だったので、一緒に働いていることが不思議な感じです。未だに、迷惑をかけているんじゃないかと心配です。

先生:きっと前田先生のほうが緊張していると思うよ。いくらでも頼っていいよ。

児玉:はい。先輩の先生方に比べると、至らない点もありますが、仕事は楽しいです。授業をしていて、生徒が「分かった」という顔をしてくれる時や、テストで良い点数を取れた時に笑顔で報告してくれる時は、本当にうれしい気持ちでいっぱいです。

先生:本当にそうだよね。先生も児玉さんの笑顔がうれしかったよ。

児玉:本当ですか?仕事は、確かに大変なこともありますが、生徒の笑顔や、ステキな先輩方に支えられながら、毎日楽しく過ごしています!

先生:それは見ていても分かりますよ。いつもパワフルだよね。実はこの前、授業しているところをそっと覗かせてもらったんだけど、聞いていて鳥肌が立つくらい元気いっぱいだったよ。すごいね~。元気をもらいました。その元気があれば大丈夫!そんな明るく前向きな児玉さんから、後輩たちに一言メッセージをお願いします。

児玉:今を大切にしてください。しんどくて逃げたくなることもあると思います。ただ、そこで逃げると余計にしんどくなります。そうならないように、学校の課題と塾の宿題をしっかりやり切ってほしいです。これは、本当に私自身が後悔していることでもあるんです。生徒の皆さんには同じ苦しみを味わってほしくないので、今頑張ってください!高校までしっかりと勉強を続けないと、自分の可能性をつぶすことにもなりかねないので、今している勉強をしっかり理解するように、また分からないところはすぐ先生に聞くようにして、頑張っていきましょう!

先生:今日は本当にありがとうございました。久しぶりにゆっくり話ができて、本当に良かったです。

児玉:こちらこそ、ありがとうございました!

2人:笑顔・笑顔・笑顔

卒業生集まれ!

OSHUの先生たちは、いつも卒塾生の皆さんたちのことを気にかけています。
OSHUの先生に伝えたい!
一緒に勉強した仲間に伝えたい!
後輩に伝えたい!など
卒塾生の皆さんからのメッセージを募集しています。

詳しくはこちら

  • 鷗州塾 小学部・中学部
  • 鷗州ハイスクール
  • 鷗州塾 個別ゼミ
  • 鷗州塾 幼児部
  • AIC開智学館
  • 映像Web講座
  • 英会話教室・英語教室のAIC Kids
  • AIC TEEN
  • AIC インターナショナル幼稚舎
  • 鷗州塾ぱそこん教室
  • 鷗州サッカークラブ
  • 脳も鍛える健康教室アピネ
  • AICJ中学・高等学校
  • Auckland International College
お問い合わせ・申し込み