『大学は、とっても楽しい!』

int_42a
【教師】 吉田 裕美(鷗州塾卒塾生) ※鷗州塾五日市校出身。現在、鷗州塾緑井校・WIN緑井校で、小中学生の文系科目を担当。
【生徒】 吉本 優くん・原 涼太くん・金川 晃大くん

【吉本くん(2014年現在、筑波大学2年生)】

  •  中1〜中3:鷗州塾緑井校に通塾し、安古市高校に合格!⇒進学。
  •  高1〜高3:鷗州ハイスクール広島駅前本校・安古市校・緑井校に通塾。
  •  筑波大学人間学群教育学類に見事現役合格!

【原くん(2014年現在、広島市立大学2年生)】

  •  中2・中3:鷗州塾緑井校に通塾し、祇園北高校に合格!⇒進学。
  •  高1〜高3:鷗州ハイスクール広島駅前本校・安古市校に通塾。
  •  広島市立大学情報科学部に見事現役合格!

【金川くん(2014年現在、広島修道大学2年生)】

  •  中3:鷗州塾緑井校に通塾し、沼田高校に合格!⇒進学。
  •  高1〜高3:鷗州ハイスクール広島駅前本校・大原校に通塾。
  •  広島修道大学人間環境学部に見事現役合格!

先生:やあ、吉本くん、原くん、金川くん、久しぶり!元気だった?3人ともキャンパスライフ満喫してる?今日は後輩たちのために、大学の話を聞かせてね!ズバリ、高校と大学どっちが楽しい?

吉本:大学!自由に使える時間が多いですよ。夜更かしできるし、勉強もサボれるし(笑)、バイトでお金を貯めて旅行に行けるし、いろいろな地方から来た人と友達になれるし。

原:でも、自由には自己責任が伴いますよ。自由な分、責任ある行動を取らなければならないです。しかし、やっぱり僕も、自由な大学生活のほうが楽しいです。

金川:僕も、大学のほうが自由で楽しいです。でも、高校のようにすべきことを教えてくれる人は誰もいないので、大学生は何事も、自分で考えて行動しなければいけません。そういう面では、高校のほうが楽だと言えます。

先生:なるほどね!みんな、少し大人になって自由を楽しんでいるんだね!では、大学では実際にどんな勉強をしているんだろう?一番面白い授業について教えてくれる?

吉本:僕は、「英語文法論・統語論」という授業が面白いと思っています。高校では学べないような、とても深い知識を得ることができます。大学は、高校の勉強のように受験のためだけではなく、自分の興味のある分野を専門的に学ぶことができる場所なんです。大学の勉強は、そこが楽しいです。英語でレポートなどを書くのが、大変ではありますが…。

原:僕は「解析学」ですね~。高校で習う数Ⅲ(微分積分)の続きです。僕は高校で微分積分が好きで得意だったのですが、大学でより深く勉強していくうちに、ますます好きになり、さらに得意になりました。

金川:僕は、「資源経済学」かな~。これが結構面白いです。資源の流通・消費の活動によって、どのように経済が動くのか、ということについて学べます。

先生:わ~!先生、ウルウルしてきたよ~。寝ぼすけで、いつも何でもギリギリボーイだった金川くんが、立派な大学生になっているんですもの~。

金川:あはは、そうでしたね。いつもご心配をおかけしました。まぁ、今も寝ぼすけですけどね…(苦笑)。あのころのことを思い返してみると、確かにこうして大学生になれていることは奇跡的ですよね(笑)。僕ってラッキーですよね。

先生:いいや、高校でも鷗州に通塾してくれて、こつこつ努力してくれたからだよ。「継続は力なり」だね!そして今も、それぞれ分野の違うことを専門的に勉強しているんだね!将来の夢もあると思うけれど、それに向かって努力を始めているのかな?

吉本:今のところ、高校の英語の教員になりたいと思っています。そのために、まず、大学で教職に必要な単位を取り、教員免許を取ります。

原:僕は高校の数学の教員を目指しています。僕も同じく教職に必要な単位を取り、教員免許を取ります。それに今、塾でアルバイトをして、実際に「教える」ということを、身をもって体験しています。

先生:2人とも、教員を目指しているんだね!君たちなら、良い先生になれると思うよ!ステキな先生になってね!ところで金川くんはどうなの?

金川:実は、まだはっきりと決まっていないです。少し考えていることはあるのですが…まだ秘密です。

先生:金川くんらしいね。でも、じっくり考えてね。金川くんにピッタリな職業が必ず見つかるよ!

金川:また、ギリギリにならないようにします(笑)。

先生:そうね。また心配になるから、頼むよ(笑)!今日は3人とも、どうもありがとう!大学は、とても楽しくて夢に向かって頑張れるところだってことだね!ぜひ、後輩のみんなにも進学してほしいね!

吉本:大学には、絶対に行ったほうが良いと思いますよ。いろんな経験ができます。

原:僕もそう思います。夢があってもなくても、大学に行けばいろんな考え方を知ることができます。

金川:僕みたいに、はっきりとした夢がなければ、大学生の間に探すことができます。

先生:そうだね。大学に行けば、もしかしたら夢は変わるかもしれないけれど、結果的に良い大学生活の先には、良い将来が待っているように感じるね。後輩の皆さんにも、君たち3人のように、楽しい大学生活をぜひ経験してほしいな。今日は、本当にありがとう!次はまた夏休みに会えるかな?待ってるよ!

4人:笑顔・笑顔・笑顔

卒業生集まれ!

OSHUの先生たちは、いつも卒塾生の皆さんたちのことを気にかけています。
OSHUの先生に伝えたい!
一緒に勉強した仲間に伝えたい!
後輩に伝えたい!など
卒塾生の皆さんからのメッセージを募集しています。

詳しくはこちら

  • 鷗州塾 小学部・中学部
  • 鷗州ハイスクール
  • 鷗州塾 個別ゼミ
  • 鷗州塾 幼児部
  • AIC開智学館
  • 映像Web講座
  • 英会話教室・英語教室のAIC Kids
  • AIC TEEN
  • AIC インターナショナル幼稚舎
  • 鷗州塾ぱそこん教室
  • 鷗州サッカークラブ
  • 脳も鍛える健康教室アピネ
  • AICJ中学・高等学校
  • Auckland International College
お問い合わせ・申し込み お問い合わせ・申し込み