進学ゼミWINの特色

実力専任教師によるムダのない指導(思考する喜び・学ぶ楽しさを伝える授業)

全クラス、入試情報を熟知した専任の実力プロ教師が、ムダのない効果的な指導によって、知識を詰め込むのではなく思考力を高め、効率良く学力を身につける授業を行っています。
AIC鷗州グループの教師は、授業のシナリオや生徒が本来持っているやる気を高める82,631もの指導メソッドを蓄積・共有しており、生徒たちの興味を引き、知る喜びを味わってもらい、自ら学んでいく姿勢を身につけてもらうことを目指しています。
実際に行われているAIC鷗州グループの授業をご覧になってみてください。

任せて安心!の合格実績
公立高校・高専の合格者数12,000名を突破!

2008年度に14校舎、中3の生徒数132名で、公立高校受験専門塾としてスタートした進学ゼミWIN。2016年度までの8年間で、各県の公立高校および高専への合格者数が12,180名となりました。

「映像Web講座」による家庭学習の充実

中学生は、インターネットを通じて24時間いつでも、「映像Web講座」の映像授業で疑問点を解決することができます。また、パワーアップドリルで暗記事項等を繰り返し学習することによって、家庭学習をさらに充実させることができます。

少人数クラスで指導します

学習上の問題点の早期発見と疑問点への速やかな対応が大切になるため、生徒の理解度を把握できる「少人数クラス」で指導しています。

部活や習い事との両立も可能

部活や習い事で忙しいお子さまでも、中学生は週2日の通塾で学習できるので、無理なく両立ができます。

「定期テスト対策」へのこだわり

中学生の内申書対策として、各学校に合わせた「定期テスト対策授業」を無料で行っています。

定期的に「模試」を実施します(中学生)

中学生クラスでは、授業中に行う「確認テスト」の他、定期的に「模試」を実施します。この「模試」の受験を通じて、日ごろからの計画的な学習と模試(テスト)後の復習の習慣を身につけてもらいます。模試の「個人成績表」は、自分の課題の発見と、次回へのモチベーションにつながります。また、志望校選択のための豊富な情報を得ることもできます。

精度の高い入試情報に基づいた受験指導を行います

生徒の受験指導のために必要な入試情報は、塾の規模と合格実績により大きく差が出ます。
AIC鷗州グループでは、長年にわたって積み上げられてきた先輩塾生の入試における問題毎の正答率・合格者の成績推移等、膨大なデータに基づく精度の高い入試情報を提供することで、一人ひとりに合った的確な受験指導・学習方法のアドバイスを行い、生徒たちのやる気を引き出しています。
また、「高校入試報告会」や年に数回の「中学部保護者会」で、家庭学習の進め方・最新の入試情報・ご家庭での受験生への接し方等について説明し、保護者の皆さまに塾での学習や入試に対するご理解を深めてもらっています。

定期的に「個人懇談」を実施します

授業を直接担当している教師が、定期的に生徒と保護者の皆さまとの「個人懇談」を実施し、学習上の問題点・進路指導等について、的確で具体的なアドバイスをさせていただきます。

「塾生専用コーナー」で、大変役立つ情報をタイムリーに得ることができます

当ホームページ内の「塾生専用コーナー」では、以下のような大変役立つ情報をタイムリーにお知らせしています。ぜひ、ご活用ください。
 ①「塾内模試」の個人成績表閲覧
 ②生徒さん個々の「学費明細」の確認
 ③「映像Web講座」のID・パスワード・シリアルキー等の情報(2016年度から)
 ④休講および授業振替のご案内
 ⑤月別行事予定
 ⑥各種お知らせ
 ⑦入試情報
 ⑧すごいぞ!OSHU生!(塾の勉強以外でも頑張っている生徒さんを紹介)

平日は午前9時から、入塾案内はもちろん、学習相談にも対応しています

進学ゼミWINは、フリーダイヤル(0120-196-101)で平日は午前9時から、入塾案内はもちろん、学習相談にも対応しています。
※塾生以外のかたからの学習相談も受け付けています。お気軽にご連絡ください。

生徒たちに「やる気」になってもらうことに
徹底的にこだわっています

進学ゼミWINでは、学ぶ喜びを知ることによって「やる気」になり、自発的に勉強する生徒になってほしいと考えています。自ら学ぶ姿勢は、一生の財産になります。

①先輩訪問
卒塾生が来塾して、後輩に「合格するための勉強法」や「失敗談」など、話をして、励ましてくれます。
②先輩インタビューの伝統
志望校に合格した先輩だけでなく、「入試で思うようにならなかったり、定期テストで失敗したりしたけれど、努力し続けて、最終的には志望大学に現役合格した先輩」などのインタビューを読むことによって奮起して頑張り、先輩に続いて合格した後輩が、自分が合格した後で同じようにインタビューに応じてくれる…という伝統があります。
③科学的資料による啓蒙とカウンセリング
志望校合格を果たした先輩のデータ(合格高校・合格大学・通塾年数・受講クラス・出身学校等)や成績推移データ等に基づいた資料を配付し、個別カウンセリングを実施することによって、やる気を引き出します。また、やみくもに問題を解いてもらうのではなく、先輩たちが解いた問題の正答率をもとに、生徒それぞれに必要なレベルの問題をピックアップして解いてもらっています。それがモチベーションの向上にもつながっていきます。
④合格体験記
各府県別高校合格者の体験記・大学現役合格者の勉強法等の資料を配付しています。2016年度は、1,446人の「合格体験記」を後輩の皆さんに読んでもらうことができました。
⑤成績優秀者の掲示・表彰状
「塾内模試」や、学校の「定期テスト」等で優秀な成績を収めた生徒の名前を校舎内に貼り出したり、表彰状を贈ったりして褒めています。貼り出されなかった生徒たちは、貼り出された友人に賛辞を贈るとともに「次は自分も…」と奮起して、クラスの仲間と切磋琢磨して一緒に伸びてくれています。
⑥生徒のことをよく知る
毎日、新聞に登場する塾生たち(囲碁大会優勝・絵画コンテスト入賞・スポーツでの活躍・ボランティア活動に尽力等)をクラスの中で紹介し、皆で讃えています。自分のことをよく知ってくれている教師がいることで、生徒たちは勉強へのやる気も高まります。

お問い合わせ・申し込み